2020.07.22

CARS

【メルセデス・ベンツ300TE(1992) 長期レポート ♯30】最良燃費を記録しました

過去13年間分の雑誌記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。


***


最良燃費を記録しました

大震災で関東地方でもガソリンが品薄になった。家財を一切合財失った人からしたら「ガソリンないぐらいなんだよ!」というハナシだが、輪番停電で電車の運行も乱れているから、長距離通勤の担当者は困っている。貴重なガソリンを節約するために徹底したエコ運転を行うことにした。走り出したら速やかにスピードを上げ、最も高いギアで巡航するのがコツだ。1992年型の300TEは4段ATで、4速の80km/h巡航は2200rpm。エンジン・ブレーキを多用し、長い信号待ちではエンジンをオフにする。首都高速が空いているおかげもあって、いままでの平均燃費7.6km/リットルを大幅に上回る9.5km/リットルの最良記録を達成した。頑張ろうニッポン! 


文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 


■44号車/メルセデス・ベンツ300TE
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離 3万4570km+11万4486km


2008年にENGINE編集部は「長期テスト44号車」としてメルセデス・ベンツ300TE(1992)を購入。1984年にデビューしたこの124型は「消耗部品をちゃんと交換していけば新車同然の状態で長く使える」と言われた名車で、それを検証すべく連載スタート。購入時の走行距離が3万4000㎞だった44号車は、12年後の2019年に走行距離30万キロを突破し、いまだ現役です。


(ENGINE2011年5月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 

タグ:

PICK UP



RELATED