2020.11.02

CARS

クアトロポルテとギブリに遂にV8モデル投入! マセラティ3兄弟のトロフェオ揃い踏み

MC20というスーパー・スポーツカーを投入して新時代の幕開けを高らかに謳うマセラティは、ハイパフォーマンスをより印象づけるべく、量産モデルのいっそうの高性能化を断行した。


これまでレヴァンテだけに設定されていたシリーズ最高性能モデルの"トロフェオ"を、クアトロポルテとギブリにも設定してきた。4WD駆動系との組み合わせでレヴァンテに使われていたフェラーリ謹製の3.8ℓのV8ツインターボ・エンジンは、後輪のみを駆動するクアトロポルテとギブリ用に最適化され、580psを発揮する。クアトロポルテGTSの50㎰増し。現行ギブリでは初めてのV8エンジン搭載となる。80kgm以上に達する強大なエンジン・トルクを2WDの駆動輪でまかなうべく、ディファレンシャルには差動制限機構が組み込まれている。ギブリ、クアトロポルテともに2tに達するが、動力性能はさぞや強烈だろう。最高速度ひとつとっても、実に326㎞ /hに達するとマセラティは誇らしげだ。


文=齋藤浩之(ENGINE編集部) 


(ENGINE2020年11月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

文=齋藤浩之(ENGINE編集部) 

PICK UP