2021.03.17

CARS

タイカンとどこが違う? アウディの4ドア・スポーツEV、e-トロン GT登場

e-トロン GTクワトロ

全ての画像を見る

SUVスタイルの“eトロン”に続くアウディの量産型電気自動車、e-トロンGTが登場した。2020年に日本での販売が開始されたポルシェ・タイカンと兄弟関係を持つ4ドア・スポーツである。プラットフォームをはじめ、モーターや電池など主要部の多くを共有するポルシェ・タイカンとは、どのように作り分けられているのだろうか。


e-トロン GTクワトロ
e-トロン GTクワトロ
e-トロン GTクワトロ
e-トロン GTクワトロ
e-トロン GTクワトロ

従来のアウディとは異なる

アウディ初のスポーツ・タイプEVであるe-トロン GTは内燃機関搭載の従来のアウディとは異なる新しいボディ・フォルムを得た。スタイリッシュかつダイナミックなデザインは2018年のLAショーで発表された“e-トロンGTコンセプト”をほうふつとさせる。それもそのはず、ショー・カーが量産モデルと異なっていたのは、照明付きの“e-tron”ロゴをフロント・グリルにあしらったことと、ドア・ハンドルを目立たない形状に改めたことの2点だけという。


その理由をアウディのチーフ・デザイナーであるマーク・リヒテは次のように説明する。「LAショーでは実質的に量産モデルをショー・カーとして発表しました。なぜなら、すでにできあがっていた量産モデルのデザインが、ショー・カーとしても通用するくらい魅力的だったからです」。なお、e-トロン GTのボディ・サイズは全長×全幅×全高は4.99×1.96×1.41mとなっている。


e-トロン GTは、“e-トロン GTクワトロ”と高性能版の“RS e-トロンGT”の2モデルがあり、前後車軸を2つの永久磁石シンクロナス・モーターで駆動するフルタイム4WD。バッテリーの総容量は93kWhで、国内仕様では150kWの充電出力を許容する。航続距離はWLTPモードで最大488km。また、ルーフ後端が一直線に下降するファストバックでありながら、2m近い身長のリヒテが後席に腰掛けても頭が天井に触れないのは、後席の足下付近にバッテリーを配置しない“フットガレージ”と呼ばれるレイアウトによって実現したものだという。


e-トロン GTクワトロ
e-トロン GTクワトロ
e-トロン GTクワトロ
e-トロン GTクワトロ

タイカンはスポーツカー e-トロンGTはグランツーリスモ

ここまで聞いて「おや?」と思われた読者も少なくないはず。そう、e-トロン GT は実質的にポルシェ・タイカンの兄弟モデル。スタイリングをアウディ風にアレンジしたり、モーターの特性を変更するなどして独自のキャラクターを作り出しているのだ。ちなみにe-トロン GTクワトロは476ps、RS e-トロン GTは598psを発揮。モーター出力は全般的にタイカンより低く、このため0-100km/h加速はタイカン・ターボSの2.8秒に対して3.3秒(RS e-トロン GTの場合)となるが、航続距離はe-トロン GTのほうが長め。したがって「タイカンはスポーツカー」「e-トロン GTはグランツーリスモ」と捉えて間違いないだろう。なおe-トロン GTの生産はネッカーズルム工場でR8と組み立てラインを共用するという。


e-トロン GTは年内にも国内デビューを果たす模様。価格はタイカンより安く、1300〜1800万円ほどと予想される。


RS e-トロンGT
RS e-トロンGT
RS e-トロンGT
RS e-トロンGT
RS e-トロンGT
RS e-トロンGT

文=大谷達也


(ENGINEWEBオリジナル)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP