2021.04.17

WATCHES

今しか買えない “限定” モデルを狙え!/Anniversary編01

TAG HEUER(タグ・ホイヤー)/タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション ブランドの発展に貢献した重要人物が創設者の曾孫で前CEO、そして現在名誉顧問を務めるジャック・ホイヤー。彼は1960年代に名作「ホイヤー カレラ」を世に送り出した立役者だ。2020年11月19日、彼の誕生日を祝って発表されたのは、ヴィンテージのデザインをまとうローズゴールドの世界188本限定モデル。ダイアルに付された無限を示唆するモチーフが、常に歩み続けるタグ・ホイ...

全ての画像を見る

「限定」には魔力がある。数量限定や限定仕様の特別モデルを手に入れられる幸運者は全世界でもまさに限られている。チャンスはそう多くない。欲しいと思った時がまさに買い時。レギュラー品とは違う限定モデルを楽しむなら、今だ!



ローターにジャック・ホイヤーのモットー"Time never stops,why should we? (時は止まらない、そして私たちも)"と彼のサインを刻む。


ブランド入魂の力作が揃うアニバーサリーモデル

毎年何かしらアニバーサリー限定モデルが発表されている。およそ100年から200年の長い歴史を刻む老舗が多い時計の世界では、ブランドの創業年や重要な時期、あるいはエポックメイキングな名作にまつわる「周年記念」モデルを作りやすいが、それらは、ブランドの歴史を誇らしく表現したものになるから、記念に恥じない力のこもった品に仕上げられるのがふつうである。


時計好きがアニバーサリー限定モデルに期待するのは、そうしたブランドの意気込み。気合十分な1回限りのレアモデルだからこそ時計好きの所有欲を刺激するのだ。


GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)/1966イースト・トゥ・ウエスト
幕末から日本と取引関係があったジラール・ペルゴ。その160周年を記念して発表されたのが、ストリートウェアのデザイナーで日本文化に詳しいダレン・ロマネリとともに創作したこの限定モデル。DRxのトレードマークの鋏(はさみ)をあしらったこの斬新な時計が発売される2021年はまた、ブランド創設230周年という記念すべき年だ。自動巻き。DLC加工ステンレススティール、ケース直径40㎜、3気圧防水。限定18本。税込 145万2000円。


ブラックオニキスのダイアルのみならず、スモーキーなサファイアクリスタルのケースバックにもDRxのマークをアレンジ。


 


SEIKO(セイコー)/セイコー創業140周年記念限定モデル キングセイコー"KSK"デザイン 復刻デザイン
2021年はセイコー創業140周年。これを記念するのは、1961年の誕生から60周年を迎えた「キングセイコー」のデザイン復刻モデルだ。デザイン復刻のベースに選ばれたのは、オリジナルデザインを築いたとされる、"KSK"と称す1965年発売の2代目モデル。全般にエッジの立った力強い独特のデザインにジャパン・ヴィンテージの魅力が横溢する。自動巻き。ステンレススティール、ケース直径38.1㎜、5気圧防水。世界限定3000本。税込 38万5000円。


裏蓋の表示レイアウトや、「キングセイコー」のアイコンの「盾」をモチーフとしたクレストマークのメダリオンも再現する。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

以前なら既存モデルに少々手を加えた限定モデルもけっこう目立ったが、さすがに最近は違う。意気込みが凄い。国産では「キングセイコー」のデザイン復刻や、なんと1000万円超えの「グランドセイコー」まで登場。ストラップにもポロの世界を反映するジャガー・ルクルトの「レベルソ」もお見事。それぞれのストーリーを楽しむのも一興だ。


ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

色や素材だけでなく、新たな時計そのものも登場するのがアニバーサリー限定の面白いところ。なかでも初めて復刻された「キングセイコー」は、ケースだけでなく尾錠まで当時の姿を再現するこだわりぶり。また、誕生90周年の「レベルソ」においては限定モデルが続いて登場しそう。4月のウォッチズ&ワンダーズが楽しみだ。


文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部)


(ENGINE 2021年4月号)
   ※一部のモデルは完売している場合があります。ご了承ください。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録