2021.05.31

CARS

キャデラック初のEV、リリックが世界初公開 生産は2022年開始予定

キャデラックは2022年前半に発売する電気自動車、リリックを初公開した。キャデラック・ブランド初のバッテリーEVとなるニューモデルだ。


縦長のLED式ヘッドライトを採用

ボディ・タイプはクロスオーバーSUVで、ルーフ・ラインからスロープしたリア・ウインドウまで連続性のある造形が特徴。縦長のLED式ヘッドライトや、Cピラー直後からリアエンドまで続くテール・ライトも印象的だ。ホイールは20インチを標準装備し、オプションで22インチが設定される。


室内では、メーター・パネルからセンター・ディスプレイまでを一体化した33インチの大型LEDスクリーンが目を惹く。この画面上やステアリング・ホイールのスポーク部に集中させることでシンプルな造形に仕上げた。


100kWhのバッテリーで最長480kmを走る

プラットフォームは、GMのEV専用後輪駆動アーキテクチャーである「アルティウム」を採用。340ps/440Nmのモーターと、12モジュールで容量100kWhのバッテリーを搭載し、最大航続距離は480km以上に達するという。


回生ブレーキはGM独自の新世代システムである「バリアブル・リジェン・オン・デマンド」を導入。ステアリング・ホイールの感圧式パドルを用いて作動具合をコントロールすることができ、急停止時以外はブレーキ・ペダル操作を必要としない1ペダル・ドライブも可能にしている。


充電は190kWの直流高速チャージャーでは10分あたり約122km分、19.2kWの家庭用チャージャーでは1時間あたり約84km分の電力を補充できる。充電ポートは左フロント・フェンダーのホイール・ハウス後方に設置される。


レベル2の運転支援装置、「スーパークルーズ」搭載

運転支援デバイスでは「スーパークルーズ」がハイライト。特定の道路上で操舵も行う、自動運転技術レベル2に相当する機能だが、キャデラックは業界初の完全ハンズフリー運転支援と謳い、その制御レベルの高さに自信を見せる。


オーディオはAKGスタジオ製の19スピーカー・システムで、ヘッドレストにもスピーカーを内蔵。騒音を能動的に制御するアクティブ・ノイズキャンセラーは、最新式のシステムが搭載される。


生産は2022年第1四半期に開始。本国では今年9月から予約を受け付けるが、日本導入時期は現時点では公表されていない。本国での価格は5万9990ドルを予定している。


文=関 耕一郎


(ENGINEWEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED