2021.05.25

LIFESTYLE

メイド・イン・鯖江! プラダの日本限定アイウェアが登場!

今シーズンのプラダの新作のなかから日本限定となる新しいアイウェア・シリーズの 「プラダ チタニオ」をピックアップ! 日本の主要眼鏡産地、福井県鯖江製のフレームである。

プラダのアイウェアといえば、ランウェイを闊歩するモデルの個性を際立たせるクールなデザインが印象的。だが、じつは日常づかいのシンプルなアイウェアにも定評がある。

写真のモデルが着用している2モデルは4月に発売がスタートした日本限定となる新作アイウェア「プラダ チタニオ」というシリーズ。日本屈指のメガネの主要産地である福井県鯖江市で製造されたフレームは、プラダ史上初となるチタンが採用されたサングラスだ。

注目すべきは100%UVカットとブルーライト・カットの性能を備えた付属のレンズ。一見、クリアレンズのようだが、じつはごく薄いブラウン・カラーになっている。強い日差しを遮るためのサングラスではなく、あえて日常のファッション・アイテムとして使用する、ほとんどメガネのように見えるサングラスだ。

日常的にサングラスをする習慣がない日本人に向け、“アイウェア、楽しんでますか?” という、プラダからのメッセージが込められたかのような日本限定モデルである。



シンプルなボストン型のフレーム。しなやかさ、耐久性のほか、アレルギーを起こしにくいなど、チタンという素材の特性が活かされている。左レンズにはさり気なくPRADAの刻印が入る。専用ケース付属。7万9200円(税込、予定価格)。問い合わせ=プラダ クライアントサービス Tel.0120-45-1913





無駄を排除したプラダらしいミニマムなデザインのスクエアフレーム。両モデルともに調整可能な仕様のノーズパッドで、フィッティングがしやすい。フレームの先端にPRADAの刻印入り。専用ケース付属。7万9200円(税込、予定価格)。問い合わせ=プラダ クライアントサービス Tel.0120-45-1913



文=小林尚史(本誌) 写真=岡村昌宏 モデル=NIK

(ENGINE 2021年6月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録