2021.06.09

WATCHES

2021新作速報! デザインはスポーティ、機能はGMTに注目/エプソン

EPSON(エプソン)/オリエントスター スケルトン 駆動時間を視覚化したパワーリザーブ表示を標準装備しつつ、70時間のロングパワーリザーブやシリコン製ガンギ車が備わる手巻きのスケルトンは世界でもおそらくこのモデルだけ。無反射の両球面サファイアクリスタルやSUS316ステンレススティールなどの高品質素材にも注目だ。ケース直径38.8㎜、5気圧防水。税込31万9000円。



MEMS加工技術を生かした新形状のシリコン製ガンギ車は、バネ性や耐久性と併せて、美しい見栄えも考慮したブルーも特色。

オリエントスターに自社開発のシリコン製ガンギ車を搭載

オリエント70周年の昨年に続く2021年は「オリエントスター」の70周年という記念の年。長年にわたって機械式とともに歩み、自社ムーブメントで技術を磨いてきたその成果を語る新作は「オリエントスター・スケルトン」だ。シリコン製ガンギ車を初めて採用し、パワーリザーブも70時間に伸ばした新開発のムーブメントを搭載し、部品細部の仕上げに徹底して凝るなど、技術と見栄えの両面で実に秀逸なモデルである。また、オリエントのリバイバルシリーズでは、1960年代のレトロな雰囲気にあふれる「ワールドマップ」が理屈抜きに楽しい。


EPSON(エプソン)/オリエント ワールドマップ オリエントのリバイバルシリーズの新作は、1969年発表の「ワールドダイバー」の地図ダイアルを含むオリジナルデザインを再現しつつ、20気圧強化防水仕様などアップデート。自動巻き。ステンレススティール、ケース直径43.5㎜。世界限定1200本。税込5万2800円。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

スイスで先行するシリコン製パーツの製造に先端技術で挑んだだけでなく、特許取得の独自技術で進化させている点は快挙。技術のみならず、見る者を魅了する「美しい機械式時計」を常に目指すオリエントスターは海外でも評判という。評判の逆輸入もアリそう?

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

日本の時計メーカーとして初めてシリコン製ガンギ車を自社開発・製造したオリエント。搭載するモデル「スケルトン」は、ムーブメントの磨きも美しく、オリエントスター70周年を祝うにふさわしい逸品だ。次なるシリコン製パーツは、アンクルかな?

文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部)
(ENGINE 2021年5月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録