2021.08.19

CARS

ちょっと古いクルマの楽しみ方 世界限定220台のランチア・デルタHFインテグラーレは毎日乗っても大丈夫!?

WRCで活躍するラリーカーに憧れ、いつかはデルタと思っていた日野雄一さん。これ1台でどこへでも出かけます。

最初のクルマはジェミニZZ-R

ランチア・デルタHFインテグラーレ・エボルツィオーネIIジアッラ。舌を噛みそうな長い車名を持つイエローのインテグラーレは、1994年に世界限定220台で発売された希少なモデルである。

新車と見紛うばかりの状態で維持しているオーナーは、日野雄一さん。

「10年ほど前に購入しました。走行6万km弱で価格も手ごろでした」

屈託のない笑顔で話す日野さんだが、シャツの襟もとにかけたイエロー・レンズのレイバン・アウトドアーズマンや左腕に輝くロレックスの赤サブ(サブマリーナの希少モデル)などを見ると、なかなか拘りの人だと推察した。

サーキットのフリー走行やジム・カーナを楽しむため、運転席はスパルコの4点式バケット・シートに変更した。助手席は本来のアルカンターラを使ったスポーツ・シート。

メーター・ナセルには、丸いアナログ・メーターと円形の警告灯が美しく配置されている。一番右のレヴ・カウンターが時計回り(3時がゼロ)なのが特徴。

日野さんは子供の頃から大のクルマ好きで、最初に買ったのは初代いすゞジェミニだった。

「ZZ-Rを含めて5台乗り継ぎました。レースやラリーも好きで、1987年にランチア・デルタがWRCで勝ち始めてから、デルタ欲しいなあとずっと思っていました」

ジェミニの後、クラシック・レンジローバーやランドローバー・ディフェンダーを乗り継ぎ、イエローのインテグラーレを手にした。

「まず、この張り出したブリスター・フェンダーにやられました。ほかにないですよね! 実車で再確認した感じです。走り出して感動したのは、2リッター直4ターボによる強烈な加速ですね」

横置きされた2リッター直4ターボは最高出力215ps/5750rpm、最大トルク314Nm/2500rpmを発生する。

クイック・シフトはワークス・タイプのものに交換した。

一方、インテグラーレは維持が大変だとよく耳にする。不安はなかったのだろうか?

「もちろん、ありましたよ(笑)。おカネかかるのかなあ? って」

ところが、と言っては失礼だが、これまで故障して動かなくなったことは一度もないという。

「タイミング・ベルトやウォーター・ポンプなどのウィーク・ポイントについては知識として持っていました。車検2回につき1回はタイミング・ベルトを、車検4回につき1回はウォーター・ポンプを交換しています。そのほか、オイル漏れやエンジン・ルーム内の各種コネクターは頻繁にチェックしています」

整備を担当してくれているメカニックのアドバイスも的を射ていて、早め早めのメインテナンスが功を奏しているそうだ。

専用のアタッチメントでボンネットを少し浮かし、エンジン・ルームの熱を逃がしている。

よく見るとAピラー側のボンネットが少し浮いている。インテグラーレは逆アリゲーター式なので、開ける側だ。

「ボンネットを少し浮かすアタッチメントを使ってるんです。やっぱり夏場の渋滞は水温計がみるみる上がるんですよ」

なんでもコレ1台でこなします

中古価格が急騰しているインテグラーレだが、日野さんは愛車に乗ってどこへでも行くという。

「ゴルフ、釣り、買い物、なんでもこれです(笑)。後席が前に倒れるので、ゴルフバッグや釣り竿といった長尺物も積めるんです」

購入してから手を入れたところも多い。ドライバーズ・シート、クイック・シフト、ステアリング・ホイール、マフラーなどに加え、足回りの強化さらには軽量フライ・ホイールも装着した。

マフラーを車体右出しに変更、WRCカー風にした。

「見た目と走行性能向上のためです。車高は少し下がってます。以前はもっと低かったんですけど、オイルパン打っちゃって少し戻しました。タイヤは1インチ・アップして17インチを履いてます。そんなわけで、乗り心地はちょっと硬めです。軽量フライ・ホイールは効果てきめんで、吹き上がりがメチャクチャ良くなりました。4WDなので雨の首都高でも怖いと思ったことは一度もありません。サーキットを走ったこともありますが、なかなか楽しいですよ」

内外装ともに傷みがほとんどないのは、地下駐車場のおかげという日野さん。洗車は自分で行っている。愛情と手間をかけながら、ずっと乗り続けるつもりだ。インテグラーレで走ることを心から楽しんでいるオーナーに恵まれて、クルマも喜んでいるだろう。

文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 写真=茂呂幸正

(ENGINE2021年8月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED