2021.09.12

LIFESTYLE

メルセデスのSUVに乗るトレーナーの家 窓が見えないのに室内は明るい!?【ENGINE・ハウス】

約100平方メートルの細長い敷地に建つ、段々になった個性的な建物。まるでカフェのようなおしゃれな家には、アウトドア派のご主人と、雑貨を集めることが好きな奥様のこだわりが詰まっている。

下町の雰囲気が残るエリアに

アスレチック・トレーナーの引網善久さん(47歳)一家のお宅。東京都足立区の下町の雰囲気が残るエリアにあって、この外観はかなり目立つ。段々になった建物は、無機質なグレーのうえ小さな窓しか無い。整った形や植栽のセンスから、ガレージのクルマが見えなければ、多くの人は商業施設と思うことだろう。一体この家の内部は、どうなっているのか。そんな引網邸が生まれたのは、様々な問題を建築家と共に解決した結果である。

この家の設計を担当したのは、建築事務所I.R.A.(国際ローヤル建築設計)の綱川大介さん。10年ほど前、腰を悪くして苦しんでいた。それを治したのが、「ゴッドハンド」の持ち主である引網さんだ。引網さんは陸上競技の日本代表チームの遠征に帯同した経験もあるほど。かなりの腕と推察した。

角地に建つ引網邸。カラーに舗装された道路は、かつて用水路だった生活道路。駐車スペースはギリギリだが、このクルマが前提で設計されている。普段はシャッターが閉まっているので、建物の形がより強調されることに。斜めの屋根の下が半屋外の空間。この存在のお陰で、生活道路に沿った住宅だが、通りから家の内部の様子は分からないように。玄関からだけでなく、直接リビングからも出入りできる構造。

綱川さんに設計を依頼したのはこうした縁だけではない。手掛ける住宅がお洒落で、SNSでサーフィンなどのアウトドア・ライフを楽しんでいる姿を見ての話だ。実は引網さん、週に1、2度は出かけるほどのサーフィン好き。色々と理解してくれると判断したのである。メルセデス・ベンツGLC(2017年製)を選んだのも、サーフボードを積むため。仕事で移動することも含め、取り回しが楽なミディアムサイズのSUVにした。それまで乗っていたのはBMW X5。クルマ好きのお客さんから「メルセデスは違う。一度は乗るべき」と強く勧められ興味を持ったのだ。もっとも「BMWから乗り換えても運転が面白いか」との心配もあったが、全くの杞憂。運転を楽しんでいる。



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録