2021.08.31

WATCHES

2021年注目の新作腕時計「ジャガー・ルクルト」編

オンラインによるリモート開催となった世界最大の時計フェア「ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ2021」を振り返る第4弾。ジャガー・ルクルトからは、誕生90周年を迎える反転するケースで唯一無二の存在感を誇る「レベルソ」を取り上げ、時計ジャーナリストの菅原 茂氏と エンジン時計担当の前田清輝がその魅力を解説する。

4面ダイアルという前代未聞の超複雑時計に驚愕

もともとポロ競技中に腕時計のガラスが破損しないようにケースをくるっと反転させて保護することを目的として開発された「レベルソ」。今年は誕生から90周年を迎え、オリジナルモデルのデザインをカラーダイアルで現代的に洗練させた「トリビュート・スモールセコンド」やダブルフェイスを生かしたまったく新しい複雑時計「トリビュート・ノナンティエム」のみならず、世界初の4面ダイアルに11種類の複雑機構を配したスーパーコンプリケーションも加えて「レベルソ」の魅力を余すところなく表現。精密時計の並外れた技術力で圧倒した。



レベルソ・ハイブリス・メカニカ・キャリバー185クアドリプティック
6年をかけて開発された新作は、反転ケースの表に時刻と永久カレンダー、フライングトゥールビヨン、裏にジャンピングアワーとミニッツリピーター。さらに反転ケースの台座となるクレードルの内側にムーンフェイズと天文表示、外側に南半球から見たムーンフェイズを配し、4面で表示を行う世界初のモデル。表示の補正機能を内蔵する専用ボックスも付属する。ホワイトゴールド、ケース縦51.2mm×横31mm、3気圧防水。10本限定。参考価格135万ユーロ。




 
レベルソ・トリビュート・ノナンティエム
フランス語で90周年を意味する「ノナンティエム」は、ダブルフェイスで時刻を表示する複雑時計。表側にビッグデイトとムーンフェイズ、裏側にセミジャンピングアワーと回転ディスク式の分表示の機能を配置した手巻きムーブメントも新開発した。ピンクゴールド、ケース縦49.4mm×横29.9mm、3気圧防水。190本限定。予価462万円。今秋発売予定。




 
レベルソ・トリビュート・スモールセコンド
1931年のオリジナルモデルからデザインの想を得た「レベルソ・トリビュート」にグリーンが登場。ラッカーにサンレイ仕上げを施した美しいグリーンダイアルが格別にエレガント。反転ケースの裏面は彫金によるパーソナライズも可能だ。手巻き。ステンレススティール、ケース縦45.6mm×横7.4mm、30m防水。99万4400円。


時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!
「レベルソ」75周年記念モデルとして2006年に発表された3面ダイアルの「レベルソ・グランド・コンプリカシオン・トリプティック」を凌ぐものは現れないだろうと思っていたら、「レベルソ」史上最も複雑な4面モデルが登場した。限られた空間に凝縮された機構もスゴいが、クレードルの両面で行う天文表示がなんとも摩訶不思議で好奇心を刺激する。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!
これまで素材や機能の異なるモデルを何度も購入してきた唯一の時計、「レベルソ」。独特の反転ケースとアールデコ調のデザインはタイムレスな傑作だ。一方で高い技術力も大きな魅力。「レベルソ・ハイブリス・メカニカ・キャリバー185」は、ケース台座にまで複雑機構を搭載!「 レベルソ」誕生90周年を祝うにふさわしい歴史に名を残す傑作だ。

文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部)

 (ENGINE2021年7月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED