2021.10.16

CARS

モータージャーナリストの桂伸一が選んだ第1位はアストン・マーティン・ヴァンテッィジ!【エンジン・ホット100ニューカー・ランキングス2021】

クルマ好きはどんなクルマを欲しているのか? コロナ禍の今「エンジン・ホット100」選考委員が身銭を切っても欲しいのはこのクルマ! 雑誌『エンジン』の名物企画、「エンジン・ホット100ニュー・カー・ランキングス」の43名の選考委員それぞれが、2021年の今だからこそ買いたい20台を挙げた。モータージャーナリストの桂伸一さんの選考基準はズバリ、スポーツカー! 第1位に輝いたのはアストン・マーティン・ヴァンティッジだ!!

大事なのはスポーツカーが持つ運動性、感覚、感触です!

姿カタチには捕らわれない規準はスポーツカー。それは姿カタチだけに捕らわれず、そうした運動性や感覚、感触を持ち合わせる車種に興味が行く。パフォーマンスの引き上げにモーターが大きな効力を発揮する現在、内燃機とEVの組み合わせによる“過渡期”を過せるいい時代を楽しむと同時に、旧車レストアにも興味が行くようになった。年だなあ。

1位 アストン・マーティン・ヴァンティッジ(ロードスター含む)



レースカーにも転身するコンパクト・アストン。サイズ感や、選択可能なヴェーンド・グリルの個性もいい。V8ツインターボは全回転域でトルクがあり街乗りから扱いやすく、踏めばそのまま怒濤の加速に転じる柔軟性が素晴らしい。

2位 アストン・マーティンDBSスーパーレッジェーラ(ヴォランテ含む)



アストンの最高峰に相応しい堂々のマスクと、佇まいにも威厳がある。725ps/91.8kgmのV12ツインターボに気難しさなど皆無。大柄だが鋭い切れ味のフットワークは文字通り“軽量”の証。後輪のみでこの出力を伝える術もお見事。

3位 マクラーレン 720S(スパイダー含む)



レーシングマシンのロードゴーイング仕様。常にフロントにダウンフォースが加わった!! かのようにどの速度域でも切れば曲がる操縦特性と、サーキットを攻め込んでも、粘り踏ん張るリアの安定性がスーパースポーツ系でピカイチ。

4位 ロータス・エリーゼ・スポーツ220 I(I 240ファイナル・エディション含む)



すべてに軽く、すべてがダイレクト。ライトウエイトじゃなければロータスじゃない!! 終了!! と思うと急に欲しくなる人間の性を見る。

5位 アルピーヌ A110(S含む)



現代に蘇ったA110の完成度は驚くべき高さにある。ライトウエイト感、操縦性、乗り味、居住性すべてを巧みにまとめあげた究極の一台。

6位 BMW M2

現代に蘇ったE30型M3!? と、思うのがもっとも自然。コンパクトでパワフルでFRらしい操縦安定性が楽しい4座スポーツセダン。

7位 BMWアルピナD3S/B3(リムジン、ツーリング)

シルキーシックスと例えるエンジン特性とサスペンションは現在、アルピナのためにある用語。本家でもMでも出せない味わいを持つ。

8位 ポルシェ718ケイマンGTS4.0&GT4

むかしを懐かしむ911ファンに、少なくともコンパクト感とフットワークの軽さはケイマン/ボクスターにこそある。やはり6気筒が良い。

9位 アウディRS Q8

同門のランボルギーニ・ウルスの持つ、これぞエンジンの醍醐味……をほぼ受け継ぎ、より一般的な多くのヒトが素直に入れるアウディ版。

10位 アストン・マーティンDBX

ラピードに代わるサルーンの個性はDBXが受け継いだ!? スポーツカーメーカーのアストンが造るSUVはそうした個性と特性の持ち主。

11位 ベントレー・ベンテイガ

イギリスの伝統工芸を2階建ての高さから見下ろす感覚。怒濤の加速と極めてフラットな姿勢を崩さないボディ・コントロールが上手い。

12位 ランドローバー・ディフェンダー

乗った瞬間は鈍重なただの巨漢と思った。が、乗り進むに連れてじわり伝わる伝統の乗り味。やはりディーゼルが個性と雰囲気に見合う。

13位 ボルボXC40

XC60/90とは異なるデザイン・コンセプト。コッチが現代にマッチしている。1.5リッター3気筒とモーターのPHEVがお薦めの、現在の愛車。

14位 ジープ・ラングラー

見た目はジープ。その武骨なイメージと実際に乗ったギャップの大きさに驚くこと間違いなし。そこも楽しいアメリカン“乗用SUV”の雄。

15位 ホンダNSX

日本で唯一のスーパースポーツ。3モーターで、曲げと駆動力を最大限引出す操縦特性は、他の何も追従できない唯一無二の逸材も終焉!?

16位 テスラ・モデルS

驚愕のEV特性を嫌というほど強烈に身体に叩き込んでくれた奇才。低重心故のスポーツカーの操縦性と静寂で快適な乗り味の融合がいい。

17位 ポルシェ・タイカン

テスラの最大出力仕様も同様の加速をするが、ハンドリングという意味ではポルシェが一枚上手。適度なタイト感がスポーツカーの個性か。

18位 メルセデスAMG A45 S 4マティック+

日本が得意とした2リッターターボ+曲がる制御の4WDの最先端技術を搭載するコンパクト・スポーツハッチ。ボディの選択肢は4タイプある!!

19位 シボレー・コルベット(C8)

V8を積んだFRがコルベットである。ミドシップの必要性は感じないが、見た目はコルベット。やはり目を奪われ、惹き付ける魅力がある。

20位 フォルクスワーゲン・ゴルフ(新型)

FF2ボックスの世界規準は健在なれど、正常進化に留まる。次の一手に期待するが、モデルバリエーションの豊富さでカバーできるかも。

文=桂伸一(モータージャーナリスト・レーシングドライバー)



(ENGINE2021年9・10月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED