2021.09.03

CARS

日本初上陸の新型プジョー308と508のハイパフォーマンス・モデルを間近で見られる

ライオンを象ったエンブレムを一新したプジョーが来春発売予定の新型308をはじめとする最新モデルを展示するイベント、「ライオン・エクスペリエンス2021」を開催。9月2日~5日の東京・六本木ヒルズ大屋根プラザを皮切りに、名古屋と大阪の計3か所で行われる。

2021年上半期は前年比71%アップ

2014年以来、6年連続で日本での販売台数が前年比を上回り、好調な売り上げを記録しているプジョー。2019年、2020年には2年連続で1万台を超え、2021年も第1四半期の記録を更新し、上期は前年比71%と躍進している。PSAではもちろんのこと、FCAを合わせたステランティス・グループ全ブランドの中で最も販売台数の多いブランドとなっている。



新しいプジョー308はデザイン性を重視

今回のイベントでは、2021年2月に発表された新世代ロゴ・マークのお披露目と最新モデルの展示が行われるが、目玉はなんといても日本初公開となる2つのニューモデルの出展だ。

1台は2021年3月にワールドプレミアした新型308。プジョーの大黒柱の1台でフォルクスワーゲン・ゴルフがライバルとなるCセグメント・モデルだ。もう1台はスタイリッシュなデザインで人気を博す508に加わった「PSE」(プジョー・スポール・エンジニアード)。300psを超えるプラグイン・ハイブリッドを備えた4WDスポーツである。508PSEの日本での発売は未定だが、新型308はハッチバックが2022年第1四半期、SWと呼ばれるワゴンが2022年第2四半期に販売が開始される予定だ。





東京のほか、名古屋と大阪でも開催

現在販売中の最新モデルとしては208GT、2008アリュール(東京会場のみ)、3008GTハイブリッド4が展示される。

東京での会期終了後は、9月11、12日に名古屋、18、19日に大阪で開催。新型車を気軽にチェックし、プジョー・ブランドへの理解を深められる機会となりそうだ。

・2021年9月2日~5日
東京・六本木ヒルズ・大屋根プラザ

・2021年9月11日~12日
名古屋・JRゲートタワーイベントスペース

・2021年9月18日~19日
大阪・グランフロント大阪ナレッジプラザ





文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED