2022.01.12

CARS

ラグジュアリーにスポーツのスパイスを加える DS3クロスバックに特別仕様車が登場

DSオートモビルがコンパクトSUVのDS3クロスバックに、特別仕様車の「パフォーマンスライン」を設定した。2021年1月にも同名のモデルが発売されたが、今回はカラーバリエーションの一部が変更されている。

フォーミュラEの要素を取り入れる

パフォーマンスラインは、フォーミュラEに参戦するDSテチーターのマシンをイメージした内外装だけでなく、エンジンの出力を高めるなど、スポーティ・モデルへと再構築している。

1.2リッター直3ターボは、通常モデル比で25ps/10Nmアップとなる最高出力155ps、最大トルク240Nmを発生。これはコンピュータの燃料調整マッピングの見直しと、専用設計のターボやインジェクター、排気バルブ、コンロッドベアリングなどの採用によるものだ。マフラーは左右出しを採用している。



ブラックのアクセントでスポーティを演出

エクステリアは、フロント・グリルからヘッドライトへ伸びるDSウイングやテール・ライト下端をマットブラックとし、リア・ガーニッシュにグロスブラック、18インチのホイールにオニキスブラックを採り入れるなど、各部に質感の異なる黒を用いている。

インテリアでは、ダッシュボードとドア・トリム、シートのサイド部にアルカンターラ、シート中央にはレッドのアクセントが入るファブリックを採用。ステアリング・ホイールなどに入るステッチはパフォーマンスラインのイメージ・カラーであるカーマインレッドとゴールドで統一した。

ボディ・カラーは以前にも設定されたグレー系のグリプラチナムに加え、白系のクリスタルパールを新規設定。いずれも、ブラックのルーフを組み合わせた2トーンとなる。

価格は454.6万円。





文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED