2022.04.24

CARS

エンジン編集部のちょっと古いポルシェ、またパンクしちゃいました!【ポルシェ911カレラ4S(996型)長期リポート ♯51】

パンクしたのは前回と同じ左リアタイヤ。

全ての画像を見る
エンジン編集部のちょっと古いポルシェのショート・リポート。79号車の911カレラ4Sがまたパンク。担当のムラカミが報告する。

ポルシェ2台が立て続けにパンクした(涙)

なんと、またしてもパンクしてしまいました。前回と同じ左リアタイヤ。前回と同じネジ釘が刺さったことによるもの。ただし今回は、ご丁寧なことに長短2本! のネジ釘がトレッド面の別の溝の中にしっかりと刺さっていました。昨年の秋にポルシェ認証のNマークがついたミシュラン・パイロットスポーツPS2を新調してから、まだ半年も経っていないというのに、なんという運の悪さか。



さっそく、家で空気を入れて、いつものガソリンスタンドに持っていって修理してもらいましたが、パンクに気づくまでに少し走ってしまっていたようで、サイド部分にうっすらと傷がつき、文字が少し消えかかっているのを指摘されました。それほどひどい状態ではないので問題はなさそうですが、少し注意して走行する必要があるかも知れません。それにしても、どうしてこうもネジ釘に狙われるのか。思い当たるのは、会社が昨年からずっと内装工事をやっており、駐車場への通路に廃品の机や椅子が重ねられていること。気をつけなければと思っていたら、なんと今度は愛車ボクスターも左リアがパンク。これもネジ釘が原因で、休日に会社に乗ってきた直後の出来事でした。不幸中の幸いはどちらも修理で済んだことですが、それにしても……。

文=村上政(ENGINE編集長)

■79号車/ポルシェ911カレラ4S(996型)
PORSCHE 911 CARRERA 4S
購入価格(新車時) 340万円(1244万2500円)
導入時期 2017年4月
走行距離(購入後) 11万7309km(3万4924km)

(ENGINE2022年5月号)

▶︎次の記事
♯52 エンジン編集部のちょっと古いポルシェ911、問題発見!? 大事なのは日々の整備!!

▶︎前の記事
♯50 エンジン編集部が所有するちょっと古いポルシェ、塗装のトラブルを解決しました!

▶︎過去の連載一覧
ポルシェ911カレラ4S(996型)長期リポート 記事一覧

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED

PICK UP