2021.12.20

CARS

新調したタイヤをサーキットで試すつもりが……【エンジン編集部のポルシェ911(996型)長期リポート♯48】

エンジン編集部で所有する長期テスト車、996型のポルシェ911カレラ4Sの連載リポート。10月末に行われた2021年最後のエンジン・ドライビング・レッスンで筑波のショート・コースを走ってきました。

久々にサーキットを走ったのですが……


エンジン・ドライビング・レッスンに参加して、久々にサーキットを走りました。新調したミシュラン・タイヤの具合を試すつもりだったのですが、筑波サーキット・コース1000を走り始めると、路面に散乱したタイヤ滓をすぐに拾ってしまい、まるで凸凹道を走っているような状態になったのにビックリ。どうやら、午前のスポーツ走行枠でたくさんのセミスリック・タイヤを履いた車両が走っていたので、かなりタイヤ滓を撒き散らした模様。昼休みに清掃車が入っていたけれど、取りきれなかったのでしょう。ピットに帰って確認すると、せっかくのニュータイヤにミミズのようなゴムがいっぱい付いていてガッカリ。もったいないから、思いきり走るのを持ち越しにして、この日でミシュランのステッカーもはがすことにしたのですが、そこでトラブル発生。なんとステッカーと一緒にフロント・バンパーの塗装のコート部分がベリッと剥がれてきてしまったのです。ああ、なんという失敗。詳細は次号で。

文=村上政(ENGINE編集長) 写真=神村 聖

■79号車/ポルシェ911カレラ4S(996型)
PORSCHE 911 CARRERA 4S
購入価格(新車時) 340万円(1244万2500円)
導入時期 2017年4月
走行距離(購入後) 11万5713km(3万3328km)

(ENGINE2022年1月号)

▶︎次の記事
♯49 トラブル発生! ステッカーと一緒にクリア・コートも剥がれちゃいました!!

▶︎前の記事
♯47 エンジン編集部のちょっと古い911のタイヤを交換しました!

▶︎過去の連載一覧
ポルシェ911カレラ4S(996型)長期リポート 記事一覧

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED