2022.08.02

CARS

アルファードにはない超ロング・ボディのVIP仕様がメルセデスVクラスに登場 

メルセデス・ベンツのミニバンであるVクラスに新グレードの「V220dアバンギャルド・エクストラロング・ブラックスイート」を追加した。

最も長いエクストラロングがベース

全長5380mm、ホイールベース3430mmというVクラスの中で最も全長の長いエクストラロングをベースに「AMGライン」のスポーティなエクステリアとインテリアや快適性を高める装備が追加されているのが大きな特徴となっている。



スポーティなAMGラインを装着

エクステリアはドット・タイプのフロント・グリルをはじめとする「AMGライン・エクステリア」をベースにフロントのグリルやバンパー、ドア・ミラーにブラックのアクセントを、19インチのAMG7ツインスポークのホイールも黒い塗装が施される。インテリアは、AMGラインのカーボン調トリムやブラックのルーフ・ライニングが備わる。

インテリアには、ベンチレーション&ヒーターやフットレスト、テーブル、カップ・ホルダー、USBポートが付いた左右セパレート・タイプのエクスクルーシブ・シートをはじめとする「エクスクルーシブ・シート・パッケージ」を標準装備。シート表皮はV220dエクスクルーシブ・ロングに設定される「プラチナスイート」同様、全席にナッパレザーを用いている。



冷蔵庫など快適装備も充実

また、1列目シートにはベンチレーターと座面長調節機能が備わり、左右席の間には3.2リッターの冷蔵庫付きセンター・コンソール、その後方には温冷機能付きカップ・ホルダーを装備する。液晶表示と通常の鏡面を切り替えできるルームミラーを導入し、後席乗員や荷物で損なわれる後方視界の改善を図った。

エンジンは標準モデルと同じOM654型2.0リッター直4ディーゼル・ターボで、163ps/380Nmを発生。トランスミッションは9段ATを搭載する。フロント・ドア下部のブランド・ロゴ・プロジェクターライトが全車に装備された。

価格は標準仕様の317万円高となる1218万円。

また、原材料費高騰などの影響によりVクラスの価格を改定され、車両価格は849万〜1218万円となった。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED