2022.08.05

CARS

VWゴルフのSUV版「Tロック」にスポーツカー・キラーの高性能4WD登場

フォルクスワーゲンが「ゴルフ」サイズのクーペ・スタイルSUV、「Tロック」をマイナーチェンジ。あわせて高性能モデルの「TロックR」を日本市場へ初導入した。

グリルを貫くデイタイム・ライトを新設

新型Tロックのエクステリアでは前後バンパーやライトまわりのデザインを刷新。フロント・グリルにはヘッドライトに内蔵したデイタイム・ライトとの連続性を持たせたバー・タイプのLED式照明を設置し、フロント・バンパーには六角形のベゼルに組み込んだ新形状のデイタイム・ライトを採用した。



質感を向上させたインテリア

インテリアではダッシュボードやドア・トリムにステッチを加えたソフトな素材を使用することで質感を向上。デジタルメーターやタッチ式のエアコン操作パネルを全車に標準装備し、インフォテインメント・システムのディスプレイはタブレット風のデザインに変更された。ステアリング・ホイールの形状も見直されている。

エンジンは、150ps/250Nmの1.5リッター直4ガソリン・ターボと、150ps/340Nmの2.0リッター直4ディーゼル・ターボで、それぞれに装備の異なる2グレードが用意される。



300psのスポーツ4WD

また、新たにラインナップされたTロックRは、300ps/400Nmの2.0リッター直4ガソリン・ターボと、デュアルクラッチ式7段自動MT(DCT)を搭載し、4輪を駆動する。前後デザインや19インチ・ホイール、ブルーに塗装された大型ブレーキ・キャリパーなども専用品が装着される。欧州仕様で計測された0-100km/h加速は、4.9秒を記録している。

価格はRが626.6万円、そのほかのモデルは394.3万〜460.9万円となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED