2022.08.28

CARS

発表間近のフェラーリ初のSUVを迎え撃つ ランボルギーニ・ウルスに高性能版のペルフォルマンテ登場

ランボルギーニはSUVのウルスに高性能モデルの「ペルフォルマンテ」を発表。モントレー・カー・ウイークに開催されたクワイル・モータースポーツ・ギャザリングで実車を初披露した。先日、カモフラージュを施してパイクスピークの市販SUV最速を記録した改良モデルの素顔が明らかになった。

カーボン・パーツで精悍さと機能をアップ

ランボルギーニらしいシャープなキャラクター・ラインを多用したエクステリアはイメージをそのままに若干のデザイン変更を実施。ボンネットは鍛造カーボン、フロントのバンパーやスプリッター(スポイラー)、ホイール・アーチ、リア・バンパー下部とディフューザーなどにカーボン素材を用いていることで47kgの軽量化を達成。気流の経路も再設計され、空力効率と冷却性能も向上している。新しいリア・スポイラーは従来比38%増のダウンフォースを発生し、全体では8%増加した。このエクステリアの変更により、全長は25mm長い5137mm、全幅は10mm幅広い2026mm、全高は20mm低い1618mm、ホイールベースは3mm延長されて3006mmとなった。



ペルフォルマンテ・トリムを採用

インテリアはブラックのアルカンターラに六角形のステッチと車名の刺繍を施したシートを含む「ペルフォルマンテ・トリム」を標準採用。オプションでレザー仕様も設定される。アルミの内装トリムはブラックアルマイト加工され、「ダークパッケージ」を選択するとスイッチ類などのディテールがマットブラック仕上げとなる。ディスプレイの表示は専用デザインが用いられている。

エンジンは従来型と同じ4.0リッターV8ツインターボで、最大トルクは850Nmのままだが、最高出力は16ps高い666ps/6000rpmへと向上した。排気系にはアクラポビッチ製チタンエグゾーストを標準装備している。駆動系ではセンター・デフが刷新され、前後トルク配分が最適化された。0-100km/h加速は0.3秒短縮して3.3秒、最高速度は1km/hアップの306km/hとアナウンスされている。



セミスリック・タイヤを装着

サスペンションはスプリングを変更し、全高は20mm低くなり、トレッドは16mm拡幅された。タイヤはピレリPゼロ。従来モデルのPゼロ・トロフェオRの進化版で、SUV用に適正化されたピレリ初のセミスリック・タイヤとなる。4輪操舵はフロントを再調整することで正確さとダイレクトさを高め、リアの介入を早めることで敏捷性を向上させた。また、オンとオフ両モードで後輪のトルクベクタリングが行われる。

走行モードには新たに「ラリー」モードを用意。ダートコースでオーバーステア特性の強化された走りを楽しめるという。

初回デリバリーは年内に行われる予定。本国での価格は21万5261ユーロ(約2935万円)と発表されている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED