2022.09.22

CARS

クラシック・ミニを彷彿させる特別仕様車、「レゾリュート・エディション」が登場

ミニの3ドア、5ドア、コンバーチブル・モデルに「毅然とした」という意の「Resolute」を車名に掲げた特別仕様車、「レゾリュート・エディション・エディション」が設定された。

濃厚なグリーンのボディ・カラー

ボディ・カラーに、「ジョン・クーパー・ワークス」の専用色であるレベル・グリーンを採用。ルーフとドア・ミラーはペッパー・ホワイトもしくはブラックが選択できる。ボンネットのストライプやヘッドライト、グリル、テールライトのフレーム、サイド・スカットル、ドア及びテールゲートのハンドルには、専用カラーのレゾリュート・ブロンズを採用した。ホイールはブラックの18インチだ。



クロスの内装がオシャレ

シートはブラックパールの合成皮革とライトチェッカードのクロスとのコンビネーションと、カスタマイズ・プログラムであるミニ・ユアーズ仕様のブラックレザーを設定。ダッシュボードやサイドシル・プレートにはレゾリュート・ブロンズを使用する。専用ロゴ入りステアリング・ホイールはリムをナッパレザーで覆った。

3ドアと5ドアは、1.5リッター直3ターボで136psの「クーパー」と、2.0リッター直4ターボで192psの「クーパーS」、コンバーチブルは「クーパーS」がベースとなる。トランスミッションは全車ともデュアルクラッチ式7段自動MT(DCT)を搭載する。

価格は3ドアが440万〜466万円、5ドアが451万〜477万円、コンバーチブルが514万円となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED