2022.10.25

CARS

国沢光宏に「勝ち戦間違いなし!」と言わせる新型日産エクストレイルは、どこがそんなに優れているのか?

新型日産エクストレイル

全ての画像を見る
新型から三菱アウトランダーと兄弟車になったエクストレイル。両車の間にはパワートレインなど大きな違いはあるが、アウトランダーの高い評価を見るかぎり、4代目への期待は高まる。モータージャーナリストの国沢光宏がリポートする。

ライバルがひしめく激戦区

今やDセグメントのSUVは世界規模で人気ジャンルになっている。フルモデルチェンジしたエクストレイルはDセグSUVのど真ん中に属す。ちなみにボディ・サイズは全長4660mm×全幅1840mm。Dセグでも全幅1900mm程度あるワイド・ボディのボルボXC60やBMW・X3と違い、プジョー5008のような全幅1850mmクラスのナロー・ボディだと思って頂ければいい。



割とリーズナブルな価格ということもありDセグのナローは人気車種が多く、手強いライバルと戦わなければならない。日本でもRAV4やハリアー、CX-60、アウトランダーPHEVなど魅力的な車種がズラリと並ぶ。新型エクストレイルの特徴は何かと言えば、バランスの良さだ。

例えばパワーユニット。搭載されているのは可変圧縮比のVCターボ。要求されるパワーに合わせて最大の熱効率を追求すべく、圧縮比を8から14までコンスタントに変えていく。3気筒の1.5リッターながら、あるときは1.2リッターの低燃費エンジン。あるときは2リッターの高トルク型エンジン相当といった具合で、常に最適の燃焼を行うようになっている。高効率VCターボで作った電力を使い、前後のモーターを稼働。さらに最大60馬力くらいのパワーを生み出す走行用リチウム電池も使う。ブレーキを掛ければ回生した電力を貯め、アクセルを踏めばアシスト付き自転車のように電池からパワーを出し、VCターボで発電した電力をアシスト。システム出力は204馬力となる。低燃費でいながらドライバビリティに優れ、静かで滑らか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED