2022.12.19

CARS

世界最高峰のワンメイク・レースが始まる フェラーリ・チャレンジ・ジャパン開催

フェラーリの顧客向けレース部門であるコルセ・クリエンティは、フェラーリ・チャレンジ・ジャパンシリーズを創設すると発表した。

英国に次いで2か国目

フェラーリを競技車両に用いたワンメイク・レースは1990年代半ばから2000年代に当時フェラーリの輸入権を持っていたコーンズの主催で行われていたが、フェラーリの公認のフェラーリ・チャレンジが単独マーケットを対象に開催されるのは、2019年にスタートした英国シリーズに続き2例目となる。これはフェラーリが日本市場を重視していることを示すものだと言えるだろう。



レース専用車、488チャレンジEVOで競う

ジャパン・シリーズは日本国内で2023年からスタート。競技車両は「488チャレンジEVO」が対象で、ドライバーは国内A級ライセンスの所持が必要となる。競技規則は北米や欧州、アジア太平洋といった各地域のシリーズ戦と共通だ。

2023年は全国4か所のサーキットで全5戦を実施する。スケジュールは2023年4月8〜9日の富士スピードウェイを皮切りに、5月のオートポリス、7月の富士と鈴鹿、8月のスポーツランドSUGOが予定されている。

なお、参戦についての問い合わせは全国の正規フェラーリ・ディーラーで受け付けている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED