2022.11.26

CARS

9500回転! 頭の真後ろで絶叫する超高回転型V12エンジン!! 世界限定599台のフェラーリ・デイトナSP3の本当の凄さとは

世界599台限定、フェラーリ・デイトナSP3

全ての画像を見る
アイコニックなかつてのモデルをオマージュしつつ現代の技術で蘇らせるフェラーリの限定モデル、イコナ・シリーズ。第一弾のSP1&SP2モンツァに続くデイトナSP3に、ベルギーのゾルダー・サーキットとその周辺で試乗。モータージャーナリストの大谷達也がリポートする。

深い喜びと重圧に思わず絶叫!


「ウワーーーーッ!」

ありったけの大声で、そう叫びたくなる気分だった。

世界でたった599台が限定生産されるフェラーリ・スペチアーレ、その名もデイトナSP3のステアリングが私の手に託されたのである。ベルギーの公道で、お目付役もなく、2時間ほどのドライブを自由に楽しんでいいという。自動車メディアの仕事を始めて30年以上になるが、これほど深い喜びと重圧を同時に味わったことは、いままでなかった。



デイトナSP3は、フェラーリの歴史と未来がギッシリと詰まったスーパー・スポーツカーだ。“デイトナ”の名は、330P3/4、330P4、412Pの3台が1-2-3フィニッシュを果たした1967年のデイトナ24時間レースに由来している。この栄冠は、フェラーリ・スポーツプロトタイプカーレースの歴史でも頂点に位置するものの1つ。さらにいえば、この3台は「レーシングカー史上もっとも美しい」とたびたび評価されてきたことでも知られる名作中の名作。そうした栄冠と美しさを、現代の技術で甦らせたのがデイトナSP3といっても過言ではなかろう。

まずはそのスタイリングをご覧いただきたい。前後のフェンダーが描く曲線は、まさに1960年代のスポーツプロトタイプカーを彷彿させるもの。ジェット戦闘機のキャノピーを思い起こさせるフロントウィンドウ周りの造形も、当時のレーシングカーには欠かせなかったものだ。

カーボンモノコックにV12エンジンをミドシップする基本構成はラ・フェラーリと共通だが、興味深いのはラ・フェラーリに搭載されていたプラグインハイブリッド・システムをデイトナSP3ではごっそりと下ろし、代わりに自然吸気式V12エンジンを積んだ点にある。いまどき、わざわざハイブリッドを取り外して純NAエンジンに積み替える自動車メーカーが、いったいどこにあるだろうか?

しかも、F140HCと名付けられたこのエンジンは、フェラーリ・ロードカー史上最強の840psを生み出す。つまり、フェラーリはデイトナSP3のためにお手軽なローテク・エンジンを選んだのではなく、精緻なテクノロジーで常識という名の壁を打ち破ったのだ。

デイトナSP3はカーボン製の着脱式のタルガ・トップを備える2ドア・クーペで、ドアは斜め上方に開く。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED