2020.08.04

CARS

シトロエン2CVは12時間耐久レースを走り切れたのか? 自動車ジャーナリストの森口将之さんのフランス車体験がステキ過ぎる!!

2CVで12時間耐久レースを走った!

全ての画像を見る

これまで出会ったクルマの中で、もっとも印象に残っている1台は何か? クルマが私たちの人生にもたらしてくれたものについて考える企画「わが人生のクルマのクルマ」。この自動車雑誌業界に入った当初は、イタリア車一直線だった森口さん。ところが、次に移った編集部は、アルファ・ロメオ好きだらけ。「それなら」と選んだのが2CVだった。

居場所を見つけた

もっとも長く所有しているとなると、今も手もとにあるルノー・アヴァンタイムになるけれど、そこに行き着いたきっかけの1台として、シトロエン2CVは自分のカーライフの中で欠かせない。運転免許を取った頃からシトロエンは気になる存在だったけれど、大学卒業後まもなく潜り込んだ自動車雑誌の先輩たちから「ハイドロは絶対やめとけ」ときつく言われたので、アウトビアンキやアルファ・ロメオを乗り継いだ。この頃はイタリアン一直線だった。

でも当時所有していたジュリア・クーペの2000GTVの維持にお金が掛かったうえに、その頃入ったカー・マガジン編集部にはアルファ好きが複数いて目立たないと思ったので、シンプルすぎて壊れる場所がないと言われた2CVに乗り換えた。つまりこれが初のフランス車だった。


2リットル4気筒ツインカムから600ccフラット・ツインOHVへのスイッチなので、当初は遅さに戸惑った。2000GTVはクーラー付きだったので夏の暑さ、空冷ゆえの冬の寒さも痛感した。でもそれを覆してあまりあるものを得た。 それはクルマを操り、クルマと暮らす楽しさだった。29psを可能な限り生かすべく、坂の度合いやコーナーの曲率まで計算してギアを選び、スロットルを開け、ステアリングを切り、ブレーキを踏む。すべての道がサーキットのようだった。それでいて直進安定性と乗り心地は極上。だから時間を掛ければどこにでも行けた。クルマの魅力の原点と究極を一気に教えられた。

まもなく編集部内のフランス車の仕事は一手に引き受けることになり、イベントにも積極的に顔を出したことで、同じ国のクルマに乗る人たちとのつながりが、加速度的に増えていった。自分にとってはとても心地いい世界で、居場所が見つかったような感覚を抱くようになった。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED