2021.06.03

CARS

これが最後の自然吸気12気筒か!? ランボルギーニから世界限定40台のエッセンサSCV12がショーデビュー

2020年にフォト・デビューし、2021年の上海モーターショーでワールドプレミアされた「ランボルギーニ・エッセンサSCV12」は、ランボルギーニのモータースポーツ部門、スクアドラ・コルセ、同じくデザイン部門のチェントロ・スティーレによって企画、開発されたモデルだ。


同様の例は、2018年秋にランボルギーニ・スーパートロフェオの開催に併せて発表された、「SC18アルストン」にも見られるが、両車の大きな違いは、アルストンがあるオーナーからのリクエストによるワンオフ・モデルだったのに対して、エッセンサは世界限定40台の生産計画を持つこと。またSC18アルストンはオンロード走行も可能だったが、このエッセンサはFIAのプロトタイプ・レーシング・カーの安全基準を満たしてはいるものの、実際にそれが参加できるレース・カテゴリーはなく、またオンロード走行も不可能であるため、実際にはサーキット走行を楽しむことが唯一の使用方法となる。


アヴェンタドールと異なる大胆なデザイン

エッセンサのエクステリア・デザインは、まさにレーシング・カーそのものの過激さを持つものだ。現在ランボルギーニは、ウラカンによるワンメイク・レース、「トロフェオ」を開催しているが、かつて12気筒モデルのディアブロSVRやGTRで同様のレースが行われていたことを考えれば、タイミングによってはエッセンサによるレースが見られたのかもしれない。ランボルギーニによれば、エッセンサが走行中に生み出すダウンフォースは、250km/h時に1200kg。これはGT3のカテゴリーに属するレーシング・カーよりも大きな数字になるという。


 そのための細かいディテールの変化は、画像で確認できるとおり。フロントのヘッドライトに六角形をモチーフとしたヘッドライトを採用し、サイドシルには垂直フィンを新たに装着、リアには大型のダブルプロファイル・リアウイングが組み合わされる等々の新しいデザインで、エッセンサはベースのアヴェンタドールとも、また大きく異なる造形を実現することになった。


6.5リッターV12はついに800psオーバー

リア・ミドシップに搭載されるエンジンは、6.5リッターのV型12気筒自然吸気と、ここまではお馴染みのスペックだが、最高出力はSC18アルストンやアヴェンタドールSVRの770psを大幅に超えて、ついに830psという数字に到達することになった。ミッションは6段シーケンシャルMTの「ISR」。カーボン・ファイバー製のモノコックにも改良が加えられ、パワー・ウエイト・レシオは1.66ps/kgを達成するに至っている。


サスペンションは、アヴェンタドールと同様にプッシュ・ロッド方式だが、そのセッティングはもちろんスクアドラ・コルセによって専用にチューニングされたもの。もちろんそれはサーキット走行にフォーカスされている。フロントに19インチ、リアに20インチ・サイズを装着するホイールはマグネシウム製。タイヤは専用のピレリ製となり、その着脱を容易にするためにフェンダーのデザインが考慮されているのも見逃せないところだ。


限定40台のエッセンサSCV12は、おそらくはまたすぐにソールドアウトしてしまうことは間違いないだろう。なぜならそれは、最後の自然吸気V12モデルとなる可能性も高いからだ。ランボルギーニが2021年中にさらなる12気筒のニューモデルを公開するのは半ば確かな情報。はたしてそのとき、伝統のV12エンジンの未来はどうなるのか。気になるところである。


文=山崎元裕


(ENGINEWEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED