2021.06.13

CARS

高出力版の「S」とラグジュアリーな「リネージ」が合体!? 世界限定300台の特別なアルピーヌ登場

限定300台の特別なA110

アルピーヌが1年に1度発売する限定モデル「A110レジェンドGT」の2021年版が発表された。世界限定300台で、日本では「A110リネージGT2021」の名前で導入される。

レジェンドGTのベースになっているのはA110の中でラグジュアリー仕様となるリネージ。2020年仕様では専用のエンブレムやホイール、クリアレンズ・タイプのLEDテール・ライト、アンバーブラウンのレザーを用いたスポーツ・シート、銅色のアウトライン入ったカーボン・トリム、ラゲッジルームにフィットする大小3個のバッグといった特別装備が装着され、世界限定400台で販売された。このうち30台が日本へ導入されている。





リネージに292psエンジンを搭載

今回お披露目された2021年モデルは、高性能モデルのA110Sと同じ292ps/320Nm版の1.8リッター直4ターボ・エンジンとスポーツ・エクゾースト、高性能ブレーキを搭載。ボディ・カラーは既存のアビスブルーと新色のマット・シルバーを設定する。ブレーキキャリパーはゴールド塗装を選択。

室内には、ブラックとアンバーブラウンから選べる6ウェイ調整式のサベルト製コンフォート・レザーシートと、同色のレザー・ドアパネルを装備。ステアリング・ホイールのステッチはブラウンとグレーが用意される。ヘッドライナーはスウェード調素材のダイナミカで上質感を演出。助手席側にも設置されたアルミのフットレストが、グランツーリスモ的な雰囲気を高めている。

日本仕様は、アルジャン・メルキュール・マットと呼ばれるマット・シルバーのボディ・カラーに、アーバンブラウンの内装を組み合わせたもの。ハンドル位置は左と右のどちらも選択可能で、価格は941万円。アルピーヌ・ジャポン・オフィシャルウェッブサイト、もしくは正規ディーラーで7月18日まで申し込むことができるが、世界での受注が300台に達した時点で受け付けは終了する。









(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

文=関 耕一郎

PICK UP

RELATED