2021.07.12

CARS

栗毛の馬をイメージした革内装を持つDS 7クロスバックの特別仕様車「アレザン」

栗毛色のナッパ・レザー

DSオートモビルのフラッグシップSUV、DS7クロスバックに特別仕様車の「グランシック・ブルーHDiアレザン」が設定された。「栗毛の馬」を表すアレザンはその毛並みを思わせる内装色が特徴だ。

もっとも目を惹くのは、ナッパ・レザーを用いたDS特有のウォッチストラップ・シート。背面と座面はそれぞれ一枚の革を、腕時計のブレスレットのようなデザインに仕立てているが、座り心地を損ねる縫製や接着を行わずに、ステッチやクセつけだけで成型されている。通常設定色はブラックだが、アレザンでは専用の栗毛色とした。

このシートに加え、インパネやドア・トリムにも栗毛色のナッパ・レザーを使用。また、一部には真珠のネックレスのように球状のステッチが露出するパールトップ・ステッチをアクセントとして入れている。オートクチュールに由来するというこの技法を自動車のインテリアに採用するため、技術開発には数年を要したという。



ボディ・カラーは全6色

ボディ・カラーは6色。標準設定色であるゴールド系のオルビザンタンとシルバー系のグリアルタンス、青系のブルーアンクルと黒系のノアールペルラネラ、白系のブランナクレのほか、パフォーマンスライン仕様に設定されるガンメタ系のグリプラチナムも選択できる。

エンジンは最高出力177ps、最大トルク400Nmを発生する2.0リッター直4ディーゼル・ターボで、8段ATを組み合わせる。価格は657.9万円。





文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED