2021.07.10

LIFESTYLE

オードリー・ヘップバーンも食べた? 映画「ローマの休日」のジェラートが日本初上陸!

ローマっ子にも大人気!

全ての画像を見る
イタリア・ローマ発祥の老舗ジェラート・ブランド、「ジョリッティ」の日本1号店が新宿にオープンした。


オードリー・ヘップバーン演じるアン王女が映画「ローマの休日」で食べたジェラート店「ジョリッティ」が6月25日、東京・新宿に初上陸した。

「ジョリッティ」は、「ローマで最も有名なジェラート店」として知られる老舗。1900年にジェラートの販売を始める以前は、乳製品を扱うラッテリア(LATTERIA)として、王室御用達の名声を博していたという。


 

創業時から変わらぬレシピで作られる「ジョリッティ」のジェラートの特徴は、なんといっても素材の質の高さ。たとえば、一番人気のフレーバー「ピスタチオ」には、最高級品として知られるシチリア島ブロンテ産のピスタチオが100%使用されている。その爽やかな風味と濃厚でまろやかな味わいは、ブロンテ産ピスタチオならではだ。

「ヘーゼルナッツ」に使われているのも、やはり名産地であるアルバ地方のもの。香ばしい甘みが口の中で溶けながらクレッシェンドし、心地よい余韻を残すのもアルバ産ヘーゼルナッツだからこそ。

タヒチ産バニラを贅沢に使った「バニラ」は、日本の一般的な「バニラ」とは似て非なるもの。バニラの香りと卵のコクのハーモニーは、ザバイオーネ・ソース(卵黄たっぷりのカスタードクリーム)を連想させる濃厚な味わいだ。



 
最近イタリアで人気のフレーバー「ライス」は、スッキリとしたミルクをベースに、米の甘みとアマレット・リキュールを加えたもの。「スイカ」や「ブルーベリー」などのフレーバーに使われる果物は、日本産の旬のものばかり。本店で人気の柔らかな「生クリーム」をトッピングして、甘い時間をお楽しみあれ。

文=小松めぐみ(フード・ライター)



(エンジンWEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録