2021.08.09

CARS

ちょっと古いメルセデス・ベンツを甦らせる ヤナセ・クラシックセンター潜入(?)リポート

今でも十分に使える実用性と、機械としてのクオリティの高さからネオ・クラシック世代の中でも絶大な人気を誇るメルセデス・ベンツ。程度の良い個体に出会い、末長く安心して楽しむための秘訣とは?

老舗が手掛けるクラシック

ヤングタイマー世代のメルセデス・ベンツにおけるサルーンのアイドルをW124型Eクラスとするなら、スポーツ系のアイドルはR129型SLということになるだろう。

バブル期の象徴の1つとして多くの台数が販売され、今でも路上で見かける機会が多いが、初期モノであれば既に32年、最終型でも20年が経過しており、そろそろレストアといった声が聞こえてきそうな年式となっている。

そうした時に心強いのがヤナセクラシックカーセンターの存在だ。ヤナセといえば1915年の創業以来、日本に輸入車文化を根付かせた老舗中の老舗である。ヤナセクラシックカーセンターは、その長年にわたるハード、ソフトのノウハウを活かすクラシック専門の部門として、2018年に横浜市都筑区にあるヤナセオートシステムズ内に設立された。

今年のオートモビルカウンシルでは開会するや否や展示車が売れるなど、そのクオリティは玄人筋、マニア筋からも高い評価を受けている。

「オープンして以来、お問い合わせを多くいただき、反響は予想以上に大きいですね。レストアはもちろんですが、日々のメンテナンスや修理や修理のご依頼が増加しています。傾向としてはW113型のSLが多いのですが、最近では、ヤングタイマー世代のお問合せも急激に増加しています。その理由の1つとして、メンテナンスをできるメカニックが少なくなっていると伺っています」

と話すのは、同センターをマネージメントする山田長さん。得意とするのは過去にヤナセで輸入したメルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、アウディなどのモデルだが、正規輸入車に限らず並行輸入車であっても修理を受け付けているという。

ヤナセの長い歴史と高い技術を象徴する部門の1つがユニット部門。ここで直せない機関部品はないはずだ。

ドイツの認証機関であるテュフラインランドのクラシックカーガレージ認証を日本で2番目に取得。52~87年のメルセデス、53~92年のVW、67~92年のアウディの認証を取得済みで、今後さらに車種を広げる予定という。横浜市都筑区の工場のほか、鶴見区生麦に販売車両の展示も行うショールームをオープン。

では現場のメカニックの目から見たヤングタイマー世代の状況はどうだろうか。ヤナセ本社芝浦工場で各モデルに新車時から携わってきた(エンジン編集部の300TEの44号車もお世話になった)この道32年の経歴を持つ、テクニカル担当の菅野清高さんはこう話す。

「何年か前にショップで購入したというクルマは、走る、止まるは問題なくても、だいぶ手を入れないといけないものが多いです。反対にずっとお持ちのクルマは、大事なポイントを押さえた整備がしてあるケースが多いですね」

では具体的に、どういう部分に目を配れば良いのだろうか。

「例えばステアリングのガタとか、サスペンションのブッシュのへたりですね。“こういうもの”と思ってる方が多いのですが、私たちは新車の状態を知っているので、それが正常なのか、劣化なのか、不具合なのかを判断できます。しっかり直せば限りなく新車の状態に戻るのがメルセデスのいいところですから、長く乗っていくことを考えた予防整備をアドバイスさせていただいています」



ヤナセクラシックカーセンターの仕事ぶりを象徴する1991年式のメルセデス・ベンツ500SL。まったく使用感を感じさせないシートからも、この当時のメルセデスの品質の高さと、この個体のコンディションの良さが窺える。

乗って楽しめるSL

そうしたヤナセクラシックカーセンターの目指すクオリティが明らかなのが、今回取材した91年型のメルセデス・ベンツ500SLだ。

栄光のW198型300SLから数えると4代目にあたるR129型は89年のジュネーブ・ショーで登場。W126型Sクラス以降、ブルーノ・サッコが推し進めた空力コンシャスなデザインの最終形というべき流麗なスタイルを持つR129は、メルセデス初の可変吸気バルブタイミング・システムを採用した5リッターV8DOHC、ADS可変ダンパー、セルフ・レベリング・システム、電動油圧駆動のルーフ、緊急時にポップアップするロールバーなど数々の新基軸を投入したスーパー・スポーツであった。



フロント・マクファーソン・ストラットのアッパー・マウントを交換するなど、キモどころを押さえていけば、新車の味わいを取り戻せるのが、この時代のメルセデスの旨味。

今でも新鮮さを失わないボディは特にレストアなどを行ったものではないにもかかわらずピシッとしている。実はこの個体そのものを以前ドライブさせてもらったことがあるのだが、メルセデスらしい剛性感のあるシャシーと力強く滑らかなV8は絶品で、古いクルマという印象はまったくなかったのを覚えている。

「エンジンのマウント交換、電装系の消耗品や足回りのブッシュ交換、4段ATのオーバーホールを行いました。内装もオリジナルのままですが、センターコンソールのウッドパネルや灰皿も修理。あとメーターナセルのパネルの新品が手に入ったので交換することにしています」

メンテナンス直後のフレッシュな状態で乗っていただきたいという思いから、納車までには3~4ヶ月ほどの期間がかかるそうだ。

残念ながら既に売約済みとのことだが、ここまで手を入れて販売価格は528万円。山田さんによると驚くことに半年、5000kmの保証までついているという。

「ご購入後すぐに修理が必要とならないように、ヤナセ販売車両の中から、整備履歴がある程度明らかな車両を厳選し、私たちの熟練メカニックが点検します。不具合箇所の修理はもちろんのこと。ウィークポイントの予防整備を行い、ATもオーバーホールするというメニューを行っています。“乗って楽しむ”というのはクラシックカーセンターのコンセプトなので、その名に恥じないものを販売するようにしています」

写真の190SLは数年をかけてシャシーアップ・レストアを行っているもので、インテリアのレザー、カーペットもドイツから数種類のサンプルを取り寄せるなど、ヤナセクラシックカーセンターの総力を挙げた懇切丁寧な作業が行われている。

ヤナセ物の神通力

そうした自信の背景にあるのが、長い歴史を持つヤナセの技術力、経験、そして人的資源である。それを象徴する1つとして、敷地内にあるユニット部門と呼ばれる機関系の修理、オーバーホールを行う部門を見せていただいたのだが、最新モデルに混じって、W124のトルコン式ATや、R107型SLのリサーキュレーティング・ボール式のステアリング・ギアボックスが、熟練メカニックによって新品同様にオーバーホールされている光景は見事だった。さらにATギアボックスをテストするブースが3つもあることに驚いた。

こうした完璧なメンテナンス体制に加え、最近では女性スタッフの視点で内外装を含めてチェックを入れてもらい、誰の目から見ても綺麗と感じる仕上がりにも留意しているのだという。

メカニックとして32年間第一線で働き「ヤングタイマー世代なら目をつぶっても直せるほど」と笑う菅野さん(左)と、クラシック部門のマネージメントを行う山田さん。

1965年開設というユニット部門ではVWビートルのフラット4から、最新のハイブリッドカー用ギアボックスまであらゆる整備、OHを担当。取材に訪れた日は、R107型SLの4速ATのOH風景を見ることができた。こうして完成したギアボックスはテスターにかけられ、完璧に作動することをチェックしてから組み付けられるという。こうした設備、人材が揃っているのもヤナセの強みだ。



ここで個人的に1つ気になったのは、正規輸入車と並行車の違い。マニア筋の間ではメルセデスに限らず、パワーの出ている本国仕様を珍重する傾向もあるのだが、その点についてはどうなのだろう?

「確かにパワーは並行車の方がありますが、正規輸入車は渋滞やストップ&ゴーに対応するためファイナルギアを変えたり、フューエル・クーラーが付いていたり、ATのバルブ・ボディが違ったりと、日本の実情に合わせた改良が施されています。今でも多くのクルマが生き残り、毎日安全、安心にドライブできているのも、その結果だと思います」

菅野さんによると、そうした日本仕様を前提にメーカーのトレーニングを受けているので、正規物であれば迅速、的確に対応できるという。そういう意味でも“ヤナセ物”の神通力は、クラシックでも色褪せることはないということなのだろう。

文=藤原よしお 写真=望月浩彦

※リポートで取り上げた車両の在庫や価格はエンジン8月号掲載時のものです。
(ENGINE2021年8月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED