2021.12.24

LIFESTYLE

イートインもできる素材自慢のデリカテッセン「芝惣菜所」を使いこなす!

ライフスタイルの変化に伴い“テイクアウト”を利用する人が増えたこの夏、東京・芝に上質なデリカテッセンがオープンした。

人気イタリアンの姉妹デリ

昔ながらの下町風情が残る港区芝の小道に面した「芝惣菜所」は、人気イタリアン「樋渡」の姉妹店。オーナーシェフの原耕平氏いわく、「芝惣菜所」を開いた目的は「樋渡」で使っている生産者の食材をコロナ禍でも余すことなく使うためだったという。そのため、「芝惣菜所」と「樋渡」が使う食材の生産者は同じ。ただし「芝惣菜所」は食材を使い切るのに最適な方法をとるため、ジャンルはイタリア料理に限らずさまざまだ。ショーケースに並ぶアイテムは「ローストビーフ」や「キャロット・ラペ」などの定番メニューから、「イタリアンキンピラ」などのオリジナル惣菜、ドルチェ、ソースまで幅広い。

店内は7坪と小体だが、壁際には立ち飲みスペースがあり、ショーケースの惣菜やクラフトビール、自然派を中心としたワイン、エスプレッソなどを楽しむことが可能。角打ちとしてもコーヒースタンドとしても、さらにワインショップとしても利用できるデリカテッセンは、早くもご近所さんに大人気だ。芝界隈を訪れる時は、タッパー持参で立ち寄りたい。





文=小松めぐみ(フード・ライター) 写真=田村浩章

(ENGINE2022年1月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED