2023.01.20

CARS

「私は壊れるクルマは嫌なんです」と言いながら、にっこり笑って夫婦で旧車を楽しむ奥さんに拍手! ボルボとポルシェとロータスの理想的なバランスのカーライフとは

ボルボ240ワゴン(1993)とポルシェ911(2000)とロータス・エラン(1964)が現在の理想のラインナップ。

全ての画像を見る
「2台持つとクルマはもっと楽しい!」がテーマの雑誌「エンジン」の大人気企画。今回は、実用的なワゴンと、快適なGTと、刺激的なスポーツカーで、理想のカーライフを満喫するオーナーを取材した。自身のライフスタイルの変遷と、不思議な縁によって時間をかけて完成した理想的なラインナップの楽しさとは? モータージャーナリストの藤原よしおがリポートする。

理想的な伴侶とはなにか?

アイディアル・パートナー。

日本語に訳すと“理想的な伴侶”となるだろうか。この項の主人公、坪井聡さんのガレージを訪れたときに頭に浮かんだのは、まさにそんな一言であった。

坪井さんの趣味が詰まったガレージ。内装はなんとすべてご自身の手で仕上げたそうだ。

神奈川県鎌倉市の閑静な住宅街にあるご自宅の前には、ポルシェ996カレラ4と、ボルボ240ワゴンを縦に2台、そしてシャッター付きのガレージの中にロータス・エランが収まるスペースが確保されている。そしてガレージの中にはプジョーやモトベカンといったモペットたち、さらにサーフボードやキャンプ用品など坪井さんを彩る趣味の道具たちが一緒に収納されていた。

しかしそれがすべてではない。さらに奥様である修子さんのご実家に、もう1台の愛車、モーガン4/4も預けられているという。

子供の頃からお父様のみならず、3兄弟揃ってクルマが好きという環境で育った坪井さんが初めて手に入れたのは、大学生の時に知り合いから買ったダイハツ・ミラ・クオーレ。以降、社会人になってからマツダ・ファミリアXG、フィアット・パンダ45と乗り継ぎ、93年に240ワゴンを中古で手に入れた。

「当時からキャンプやスキューバ、サーフィンなどをやっていたので。北欧らしくデザインが洗練されていて、飽きずに長く乗れそうだと思って決めました。ただ、パンダ45は良いクルマでしたね。手放したのは失敗したって、今も思いますよ」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED