2023.01.18

CARS

日本一愛されているAMG300TE! ちょっと古いベンツのオーナーが、17年間、愛車に乗り続ける理由とは

メルセデス・ベンツAMG300TE3.2(1991年式)に乗る堀越さん。

全ての画像を見る
運転好き、走り好きの男が辿り着いたのは、124型メルセデス・ベンツをAMGがチューンナップしたワゴンだった。17年間乗り続けていても、新しい魅力を感じることができるというオーナーのカーライフとは? エンジン編集部の荒井がリポートする。

似て非なるものとはこのこと

本誌長期リポート車、1992年式メルセデス・ベンツ300TEで待ち合わせの公園に到着すると、同じメルセデス・ベンツ124型ステーションワゴンが目に留まった。濃紺のボディも長期リポート車と似ている。ところが放つオーラは全然違う。この雰囲気の違いはなんだ? と思いながら、長期リポート車を隣に駐車する。

AMG300TE 3.2は正規ディーラーAMGジャパンから19台販売されたという。堀越さんの愛車はそのうちの1台となる。堀越さんの手により様々なチューンナップが施されたAMG300TEは、快音を轟かせコーナーをクリアしていった。

「おはようございます」

先着しているステーションワゴンから降りて来たのは、オーナーの堀越大二さん。クルマがプリントされたアロハ風シャツとデニム。そしてMA1ジャケットを羽織るというアメカジ・スタイルである。

「正式車名はAMG300TE3.2です。1991年式。シングル・カムのモデルになります」

堀越さんによる愛車の紹介を聞きながら、ノーマル・モデルである長期リポート車の300TEと見比べる。AMG300TEは圧倒的に車高が低い。加えて、AMG300TEはフロントのホイール・アーチがバン! と張り出しているので、ワイドに見える。さらにボディ同色のラジエター・グリルが存在感に拍車をかけている。似て非なるとは、こういうことを言うのだろう。

「車名に3.2とあるのは、排気量が3.2リッターだから。アライさんが乗ってきた300TEの3リッター直6をAMGが3.2リッターにボア・アップしています」

堀越さんは17年前にこのクルマを購入し、ずっと乗り続けている。購入時10万kmだったというオドメーターは17万kmになっていた。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED