2022.03.18

CARS

1.2リッター 3気筒ターボのフィールは、ちょっと2CVみたい! シトロエンC3エアクロスSUVのほっこりキャラが素敵!!

フェイスリフトで進化したシトロエンC3エアクロスSUVの出来栄えは? 自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。

シトロエンは最近、コンセプトカーのCエクスペリエンスで提案した、両端が横V字に開くフロントマスクの導入を進めている。新型C4発売に先駆け、C3エアクロスSUVもこの顔になった。同時にグリル内は縦基調になって、逞しさが増した。

リアクォーター・ウィンドウのグラフィックがボディ・サイドに備わる「エアバンプ」風になったことにも気付く。これまではシトロエンBXのようなブラインド風だったので視界は良くなった。



インパネの一部をファブリックで覆って暖かさを演出したインテリアでは、E-C4と同じアドバンスト・コンフォート・シート採用がニュース。個体差かもしれないがE-C4よりふっかりしていた。

リア・シートの作りは従来どおりで、4:6分割で左右別々にスライドとリクライニングができるうえに、折り畳みは背もたれを倒すと連動して座面が沈みこむので、低くフラットに格納できる。ハイト・ワゴンのベルランゴに負けない多芸ぶりだ。

E-C4から乗り換えると、前輪を駆動する1.2リッター 3気筒ターボと6段ATがおりなす加速はゆったりしたリズム感で、ちょっと2CVを思わせる。脚は硬めだけれど、シートがショックを丸めてくれる。試乗車の17インチではなく、ベース・グレードの細い16インチ・タイヤなら、よりシトロエンらしい乗り味になったかもしれない。

クルーズコントロールがアクティブ・タイプではないなど、機能面ではひと世代前の部分はあるものの、ほっこりした独特のキャラクターはいまなお魅力的だ。

文=森口将之 写真=望月浩彦



(ENGINE2022年4月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED