2022.05.17

CARS

オジサンの心にもう一度火をともす! 新型BMW・M240i・xDriveクーペに乗る

BMW M240i xドライブ・クーペ

全ての画像を見る
1シリーズやほかの2シリーズが前輪駆動ベースに切り替わるなか、いよいよ2シリーズ・クーペも寄る波には逆らえないかと思いきや、BMWは、2代目となる新型でも後輪駆動レイアウトを頑なに死守してきた。

唯一無二の存在になってしまった

さすがにこのサイズのクーペには4シリーズのような縦長キドニー・グリルは似合わなかったのか、シャッター付きのスリムなグリルが付いていてひと安心。



いやそれよりも2シリーズ・クーペだけは後輪駆動のまま新型にモデルチェンジしたことのほうがより重要だ。1シリーズやほかの2シリーズは軒並み前輪駆動に生まれ変わっているが、いかに駆動方式にこだわる人はもういないとされる時代でも、「駆けぬける歓び」を標榜するBMWとしては、後輪駆動を簡単に諦めるわけにはいかなかったのだろう。結果、このセグメントでは唯一の後輪駆動モデルである。

新型2シリーズ・クーペは2リッター4気筒と3リッター6気筒のターボ・エンジンを搭載するが、モデルナンバーの前に「M」の文字がつく「Mパフォーマンスモデル」のM240iはシリーズの最高性能版ということになる。もちろん、xドライブの名の通り、後輪駆動ベースの電子制御4WDである。加えてインフォテインメント系なども最新仕様にアップグレードされているためか車両価格は758万円と以前よりも明らかに高い。



一見キープコンセプトで外観は細部を除いてあまり変わっていないように思えるが、実はボディ・サイズも従来型に比べて全体的に少し大きくなっており、横から見るとフロント部分が長いスリークなスタイルが良く分かる。従来型M240iクーペ(FR)の全長×全幅×全高は4470×1775×1410mmだったが、新型は4560×1825×1405mmというもの、ホイールベースは2740mmと従来型より50mm延長されている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED