2021.12.29

CARS

これが最後の内燃エンジンか? M2、M4、M5、M8、4台のBMW「M」を乗り比べる!!

電動化を推し進めるBMWだが、“M”モデルはいまだ純内燃エンジン搭載車のみ。そこでM8からM2まで、大中小のクーペとサルーンの4台を集めて「内燃エンジンが大好きな」エンジン編集部、村上、荒井、新井、上田の4人が箱根でテストした。

3リッター直6ターボと4.4リッターV8ターボを堪能!

村上 純内燃エンジンのBMW Mモデルのイッキ乗り。これまでスポーツ・モデルをクルマづくりの中心としてきたBMWの、その象徴たるMモデルが今現在どうなっているかを、考えてみたわけだね。

上田 借り出したのはセダンのM5と、クーペのM2、M4、M8の計4台。グレードはすべてコンペティションです。ただこれは、あくまで名称で競技専用車両じゃないです。

新井 M2はコンペティションしかないけど、ほかの3台は素のグレードより若干パワフルな仕立てだ。



上田 エンジンはM2とM4は3リッター直6ターボ、M5とM8は4.4リッターV8ターボ。ただし前者は排気量が2979ccと2993ccで別物。後者は基本、同じユニットです。

新井 M2コンペティションのエンジンは先代M4やM3と同じだね。

上田 プラットフォームはM2が後輪駆動の先代2シリーズ・クーペがベースなので別ですが、その上のM4、M5、M8のプラットフォームは一緒ですよね。

村上 基本はそうだと思う。7シリーズで最初に新開発のシャシーをつくって、それを5、3と下のモデルまで広げていくって聞いたよ。

上田 7と8、3と4は基本同じだから、そうなるとみんな一緒か。

村上 ただ、カーボンコアっていうカーボンとアルミとスチールのハイブリッド・ボディは7と8だけ。基本はモジュール構造で、部分的に同じものを使うから、内装の位置関係だとかはよく似ているけどね。



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED