2022.05.16

CARS

ルノー・カングーの牙城に挑むシトロエン・ベルランゴとプジョー・リフター! やっぱりフレンチ商用車は面白い!!【前篇】

フランスを代表する商用系乗用車、ルノー・カングー、シトロエン・ベルランゴ、プジョー・リフター

全ての画像を見る
モデル末期になって導入されたルノー・カングーのディーゼル搭載の限定車とプジョーとシトロエンの兄弟車、リフターとベルランゴの3台を前に、フランス車を乗り継いだ2人のジャーナリスト、森口将之と藤原よしお、そして最近新たにちょっと古いフランス車を手に入れたエンジン編集部ウエダが、語り合った。今回はその前篇をお送りする。


ルノー・カングーの独占状態だった市場が俄然面白くなってきた!


上田 今回のPSAの2台、シトロエン・ベルランゴとプジョー・リフターは兄弟車で、前輪駆動のコマーシャルカー・ベースの乗用車です。

藤原 そういう成り立ちのクルマって、今回登場しているもう1台のルノー・カングーが市場を独占していたよね。長らくライバル不在で。

バンパーに仕込まれたLEDドライビング・ランプとドアのエンブレムがカングー・ディーゼルの限定車の特徴。


上田 そのカングーがフランスで3代目に切り替わり、日本では2代目最後の限定車としてターボ・ディーゼルが初上陸しました。やはり1.5リッターで前輪駆動ですが、変速機は6段MTのみです。そこで今回はフランス車を何台か所有した経歴のある3人で、この3台に試乗してみました。森口さんはこの手の荷車系って、買ったことがありますか?

森口 同じように背が高いのは……C4カクタスはちょっと違うし、強いて言えば2CVくらいかな。

上田 そういえば2CVにも後ろが箱型になっていたフルゴネット(小型貨物車)がありましたね。

藤原 昔ルノー4を買おうか悩んだけど、4もフルゴネットがあった。

上田 4の後継の5は僕も乗ってましたけど、5がベースのフルゴネットのエクスプレスにはご縁がなかったです。このエクスプレスの後継モデルがカングーになりますね。



藤原 そうそうカングーも買おうか悩んだよ。でも結構みんな乗っているからつい天邪鬼になって……。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED