2022.06.27

CARS

ああ、またしても"お不動さん"を救出してしまったぁ〜(汗) エンジン編集部員がちょっと古いシトロエン、エグザンティアを購入!【シトロエン・エグザンティア(1996年型)長期リポート#3】

2021年6月にエンジン編集部ウエダが手に入れた4台目のシトロエン・エグザンティア(1996年型)。これは車高をいちばん下げた状態。

全ての画像を見る
内外装オリジナルの掘り出し物

さっそくドアを開けて確認すれば、走行距離はわずか4万キロほどの、ベーシック・グレードのSXだった。

バンパーやボディ・パネル各部には大小の傷やへこみはあるし、天井の内張は少しだけ垂れ下がっていたが、内外装ともにオリジナルで、特にシートは極上といっていい状態だった。ずっと屋根のある場所で保管されていたのも良かったのだろう。

ドアやフェンダーにへこみはあるが、たいていのエグザンティアが痛んでいるトランクの上面や天井、ボンネットの塗装状態はとてもよかった。

おそらく新車時からと思われる2桁の古いナンバー・プレートも付いていた。ボンネットを開けると、こちらも定期的に消耗部品は交換されているようだが、無改造で、新車当時のままだった。LHMのタンクやポンプにはわずかな滲みがあり、完全にスフェアが抜けてしまっているようで、ずっと身体が上下に揺さぶられるけれど、走ることは走る。

僕はまた、これならば! と考えて、その足で2台目のエグザンティア・アクティバを託したカークラフトへ持ち込むことにした。だが子供に恵まれたいまは、堅実な結婚生活を過ごすべきだと道すがら思い直し、またしても踏み切れなかった。カークラフト代表の篠原さんはそんな僕を笑顔で迎え、鍵を受け取り、アクティバ同様、この3台目のエグザンティアSXも完全に復活させる。

そして、このクルマはハイドロが忘れられないシトロエン愛好家に頼み込まれて譲渡され、今も元気に走っている。

こうして2台のエグザンティアが徹底的に整備され、見事に蘇り、元気に走っている姿を目の当たりにした結果、僕はもうエグザンティアのことが、どうにもこうにも頭から離れなくなっていた。

そしてさらに9年後の2021年、僕は新たな出会いに恵まれる。次回はその4台目となる、この企画のリポート車両であり、濃い青色のエグザンティアのことをご紹介したい。

■シトロエン・エグザンティアV-SX(1996年型)
CITROEN XANTIA V-SX
購入価格 7万円(板金整備を含む納車時までの支払い額は213万9326円)
導入時期 2021年6月
走行距離 15万9247km(購入時15万8970km)

文=上田純一郎(ENGINE編集部) 写真=岡村智明(V-SX)、上田純一郎(SX) 撮影協力=カークラフト

(ENGINE2022年6月号を再編集)

▶前の記事
#2 これは銭、かかるぞぉぉぉ!? エンジン編集部員がちょっと古いシトロエン、エグザンティアを購入!

▶次の記事
#4 はたして動態保存は可能なのか!? ヤフオクで25年オチのシトロエンを7万円で落札した編集部員の運命やいかに!

▶︎過去の連載一覧
シトロエン・エグザンティア(1996年型)長期リポート 記事一覧









無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP