2022.06.16

LIFESTYLE

画期的で斬新なアイディアが生まれるかも!? 注目の建築家が提案する大自然での働き方とは!!

建築家・須磨一清氏が代表を務めるIsland and officeがオープンした八丈島のサテライト・オフィス

全ての画像を見る


五感を目覚めさせる働き方

一回の利用は最大8名。現在はIT企業を中心としたスタートアップが、チーム単位で利用することが多い。トレッキングやダイビングなどのアクティビティを楽しみつつ、全員で出し合うアイデアは、都心でPC越しに行うものより、画期的で斬新であることが多いという。

「自然に囲まれ、全員でチームビルディングできることは大きいですよね。この施設を利用すると、そうでないチームと比べて会社への愛着が高まるというデータもあります」(柏木氏)

一方、式根島はワーケーションを過疎に悩む島の次のステップとして位置付ける。温泉やダイビングなどの観光スポットの発信に加え、オンラインに適したデジタルシフトに注力。ワーカーと島民との交流を図りつつ、将来的な島への移住の可能性を探っている。

豊かな自然にあふれた離島は、同時にデジタルがもたらすビジネス・フィールドの宝庫。大海原と熱帯林に囲まれ、リラックスしながら五感を目覚めさせることは、ポストコロナの新しい働き方のひとつといえそうだ。





文=酒向充英(KATANA)

(ENGINE2022年7月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP