2022.09.22

CARS

いま買って乗っておきたいのはこのクルマ! モータージャーナリストの石井昌道が選ぶ、欲望を刺激する20台!! 1位はあのスポーツカー!

モータージャーナリストの石井昌道さんが欲望のままに選んだ20台とは?

全ての画像を見る
10位 三菱アウトランダーPHEV

10位 三菱アウトランダーPHEV
モーター駆動によってS-AWC効果が高いのが特徴だが、新型はプラットフォーム一新でさらなる高みに。世界でも類をみないシャシー性能だ。

9位 アウディeトロンGT/RS eトロンGT

9位 アウディeトロンGT/RS eトロンGT
低全高なスポーツタイプだからこそ、低重心なBEVのメリットが際立っている。乗り心地も望外に良く、グランドツアラーとしての資質も高い。

8位 プジョー308(SW含む)

8位 プジョー308(SW含む)
EMP2プラットフォームはVer3となってポテンシャルがさらに高まった。プレミアムDセグメント並みの動的質感でハンドリングの楽しさもある。

7位 ミニ・クラブマン(JCW含む)

7位 ミニ・クラブマン(JCW含む)
ミニはどれに乗っても個性があって楽しいが、ハイ・パフォーマンスなJCWは秀逸なシャシーのポテンシャルを存分に感じられる。

6位 マツダ・ロードスター

6位 マツダ・ロードスター
スタビやLSDに頼らない素のシャシー性能で勝負した990Sが楽しい。KPCという新たな制御技術の搭載で、リアがめくれあがる姿勢が抑制された。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP