2022.07.30

CARS

今回も発売前に完売か? 正常進化した新型シビック・タイプRが姿を現す

新型ホンダ・シビック・タイプRが世界初公開された。ボディ・サイズやエンジンの最高出力など具体的な数値は未発表だが、実車が公開されるとともにその概要が明らかになった。

「アルティメット・スポーツ2.0」

先代のコンセプトは「アルティメット・スポーツ」だったが、新型はその進化形であることを示す「アルティメット・スポーツ2.0」を標榜する。圧倒的な速さと磨き上げたフィーリングの共存を目指し、FF(前輪駆動)最速、痛快なドライビング・フィール、高速安定性と信頼感を狙いとして開発が進められた。



従来型よりも控えめなエクステリア

エクステリアでは前後ともにワイド・フェンダーを採用し、従来型よりも幅の広い265/30ZR19タイヤを装着。直径は20インチから19インチへと1インチ小さくなっているが、これは外径を変えずに幅を広くするためだという。さらに、専用デザインの前後バンパーや、アルミダイキャストのステーを用いたリア・ウイングなどで気流をコントロールして空力性能を向上。前後のバランスがよいダウンフォースを発生しつつ、空気抵抗を低減した。

ボンネット上には排熱用と思しきスリットが開けられ、前後ホイール・アーチ後方にはエア・アウトレットが設けられる。サイドシル・スポイラー後端はカナード形状だ。リア・エンドにはディフューザーと、先代でも特徴的なアイテムだったセンター3本出しエグゾースト・パイプが装備されている。

インテリアでは、フロント・シートとカーペットに精悍なイメージを与える赤色をチョイス。それ以外を黒基調にすることで運転に集中できる環境を構築している。液晶ディスプレイを用いたメーター・パネルは、サーキット走行などに対応した「+R」の走行モード選択時に、必要な情報を素早く認識できるような専用表示を用意した。走行時のデータを記録し、映像のシェアも可能なデータロガーの「ホンダ・ログアール」も搭載する。



2.0リッター・ターボ+MTを踏襲

エンジンは、従来型と同じタイプR専用ユニットの2.0リッター直4VTECターボで、出力は発表されていないが、従来型以上の出力とレスポンスを追求したという。トランスミッションは6段MTで、操作感と回転合わせを自動で行うレブマッチ・システムをさらに発展させることで、スロットル操作によるドライバビリティやハンドリングについてもさらなる磨きをかけたという。

ボディ・カラーは5色。タイプRのイメージ・カラーであるチャンピオンシップホワイトのほか、フレームレッド、レーシングブルー・パール、クリスタルブラック・パールと、新色のソニックグレー・パールを設定する。

日本での発売は9月を予定している。気になる価格はそのときに明らかにだろう。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED