2023.01.24

CARS

カングー・フリークも心揺らぐ!? ライバルのプジョー・リフターに3列7人乗り仕様登場

兄弟車の「シトロエン・ベルランゴ」に続き、プジョーの商用車派生の多目的車(MPV)「リフター」に3列7人座シートを備えたロング・ボディの「リフター・ロング」が日本市場に導入された。

国産の5ナンバー・ミニバンとほぼ同サイズ

ボディ・サイズは全長4760mm×全幅1850mm×全高1900mm。「ベルランゴ・ロング」同様、2列5人乗車の標準ボディをベースに全長を355mm、ホイールベースを190mm延長している。スタイリングの違いにより、全長の伸び幅はベルランゴよりも10mm少ないがホイールベースの拡大分は同値だ。なお、全高も標準ボディより20mm高い。車両重量は標準ボディから50kg増え1700kgとなっている。



荷室も大幅に拡大

室内は3列7人乗りで、3列目シートは130mmの前後スライドと脱着が可能。リア・オーバーハングが延長されており、最大荷室容量は標準ボディの2120リッターに対し、3列目を取り外して2列目を折り畳んだ状態で2693リッターとなる。最大荷室長は、2230mmだ。

パワートレインは標準ボディ同様、130ps/300Nmの1.5リッター直4ディーゼル・ターボに、8段ATと前輪駆動を組み合わせる。なお、エコカー減税の対象車だ。タイヤは標準ボディのGTと同じく215/60R17を履く。



上級グレードのGTのみ

上級仕様の「GT」のみのモノグレード展開。トラクションコントロールなどの制御が切り替えることで悪路走破性を向上させる「アドバンスド・グリップ・コントロール」を搭載。「ノーマル」、「ESC OFF」、「スノー」、「サンド」、「マット」の5モードが選択できる。

ボディ・カラーは標準設定のアイシーホワイトのほか、有償色のディープブルー、ペルラネラブラックの3色展開となる。

価格は455万円となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED