2024.01.26

LIFESTYLE

2024年のアカデミー賞候補は確実! ギリシャ出身の鬼才が描く女フランケンシュタインの冒険譚『哀れなるものたち』

奇跡的に蘇生したヒロインの奇想天外な冒険の旅 (C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

全ての画像を見る
ヴェネチア映画祭で最高賞に輝いた、注目の“異才”の最新作が上陸。天才外科医の手により奇跡的に蘇生したヒロインの、ダークで奇想天外な冒険の旅を描く。

ヒロインを演じるのはオスカー女優のエマ・ストーン

今、世界が最も注目する映画監督のひとりがギリシャ出身のヨルゴス・ランティモスである。異才の名に相応しい彼の作品群は、いずれもクセの強い、風変わりなものばかり。米アカデミー賞で作品賞、監督賞を含む最多10部門にノミネートされた前作『女王陛下のお気に入り』も、心身ともに病んだイギリス女王の寵愛を得ようとする女性2人の争いを、魚眼レンズの歪んだ映像で捉えた、相当に奇妙な作品だった。

そのランティモス監督が新作の素材に選んだのが、女性版フランケンシュタインの物語とも呼ばれるアラスター・グレイの小説『哀れなるものたち』。オスカー女優のエマ・ストーンとランティモスが再タッグを組んだ本作は、今年のヴェネチア映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞したが、その世界観はこれまで以上にシュールで強烈だ。

 ヒロインのベラに扮したのは『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・ストーン。本作ではプロデューサーも務めている。マーク・ラファロ、ウィレム・デフォーといった演技派俳優らの共演も話題だ。142分。イギリス映画

風変わりでありながら……


作品の主人公は橋の上から身を投げて自ら命を絶った身重の女性ベラ。天才外科医の手にわたった彼女の遺体は、胎児の脳を移植され、奇跡的に蘇生する。大人の体を持ったまま赤ん坊の知性と心を持ったベラは、急速に社会について学んでいくが、やがて遊び人の弁護士に見初められ、彼と共に世界を知るための冒険の旅に出る。

その旅はロンドンからリスボン、アレクサンドリア、そしてパリへと続いていくが、彼女の冒険は自分探しといった生ぬるいレベルのものではない。過去の記憶もなければ、大人の自尊心や羞恥心を持たぬ彼女は、欲望の赴くままに行動し、自らのセクシュアリティを追求するために、周囲の男たちを驚かせるようなショッキングな行動に出る(パリではなんと売春宿で働きはじめる……)。

20世紀初頭の空気を纏わせながらも時代は特定せず、モノクロと質感の異なるカラーフィルムを混在させながら、どこにも存在しないような異次元空間をつくりあげる。本作においてもランティモス監督のエキセントリックで、美しい映像世界は健在だが、ここで描かれているのは、男性社会の規範や常識にとらわれることのない、自由で逞しい女性の姿。風変わりでありながら、現代的な力強いメッセージを持った怪作である。

■『哀れなるものたち』は1月26日(金)より全国公開 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 142分。イギリス映画 (C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.


文=永野正雄(ENGINE編集部)

(ENGINE2024年2・3月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

advertisement

PICK UP



RELATED

advertisement