2019.03.20

LIFESTYLE

2台のヴィンテージカーと暮らす 風を感じる船の舳先のようなヨコハマの家 

小島邸が建っているのは、坂道の途中の三角形の敷地。右頁の写真だと、右から左に行くにしたがって高くなっており、一番低いところが車庫、一番高い左端の裏が玄関になっている。わずか14mの距離での高低差が、そのまま車庫の扉の高さになっているのだから、高さは2mもない。

PICK UP

RELATED

PICK UP