2020.11.01

LIFESTYLE

空前絶後! 世界にたったひとつのガラスのガレージ 

建築家、岡田哲史氏が設計した世界にたったひとつのガラスのガレージ。

全ての画像を見る

雑誌『エンジン』の人気企画「マイカー&マイハウス クルマと暮らす理想の住まいを求めて」。今回は、いつもとは違うスペシャル・バージョンで、とっておきのガレージを紹介する。森を抜けた先、竹林に囲まれた巨大なオブジェのようなガラスの構造物。まるで自動車美術館か博物館のような圧倒的な存在感を放つガレージ。なかにクルマがなければこれがガレージだとわかる人はいないだろう。デザインプロデューサーのジョースズキ氏がリポートする。

超巨大なジョーケース


スーパーカー世代でクルマ好きのUさんが、別荘の敷地に建てたガレージは4面全てガラス張り。まるで大切なコレクションを飾っておくためのショーケースのようだ。照明に照らされて、フェラーリ328GTS(1989年製)、ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー(1989年製)、ロータス・ヨーロッパ・スペシャル(1973年製)が夕暮れの竹林に浮かびあがっている。こんなガレージ、ハリウッド映画でも観たことがない。



これまで「マイ・カー&マイ・ハウス」では、インタビューをもとに、個性ある家とクルマを中心としたライフスタイルをお届けしてきた。取材を基本とする企画である。オーナーご本人に登場頂かないと、記事として説得力がない。ところが取材に協力したくても、仕事柄メディアに登場できない方は随分と存在する。Uさんもそんな一人であった。

ところが昨今は、コロナ禍ゆえインタビュー取材が困難な時期。そこで今回の「マイ・カー&マイ・ハウス」は少し方針を変えて「スペシャル」とし、ご本人は登場しない代りに、建築としてのガレージに焦点を当て、いつもの倍のページを使ってお届けすることにした。なんといっても、こんな美しいガレージを紹介しない手は無いと思うので。


Uさんの別荘があるのは、太平洋を望む山の上。6ヘクタールもある広大な敷地だ。もっとも海側は急峻な斜面のため直接アクセスできない。曲がりくねった山道を遠回りし、ようやくたどり着く。手に入れた時は、一面の原生林だったこの敷地。別荘ができたのは2012年のことである。遅れて19年にガレージが完成。どちらも設計は岡田哲史さんだ。手掛けたお宅は、小誌の「スーパーカーのある家」特集(2019年3月号)でも大きな話題となった。 

Uさんが依頼したのは、時がたっても飽きのこない「タイムレスな建物」。その要望に岡田さんは、透明感のあるシンプルな建物で応えた。母屋は2階建ての細長い直方体で、それを直径50mの半円の壁が囲む形だ。間取りは2階が玄関、リビング・ダイニングとバスルーム。眼前には遮るものが無く、海が一望できる。そして1階には3つの寝室と2台分の駐車スペースが。その横は内玄関になっている。クルマに乗ったまま敷地に入り、50mほど行くと二股に分かれ、左手は冒頭のガレージに。右手はトンネルになっており、100m先が1階の駐車スペースである。しかも建物内で切り返しができるうえ、一面は大きな窓で海が見える贅沢なつくりだ。こんなため息ものの世界が日本にあったとは。聞けばこれまで何度もCMで使われてきたとか。納得である。


ガレージから別荘に向かい、巨大な半環状の壁に設けられた扉を開けると、別荘の2階に。右手の通路の突き当りが玄関となる。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED