2021.11.23

CARS

ポルシェ・パナメーラの特別仕様車 人気オプションが付くプラチナエディション

ポルシェがパナメーラに特別仕様車のプラチナエディションを設定した。人気装備を標準装備化するとともに、特別なカラーリングを施すことで差別化を図っている。

プラチナ塗装の21インチ・ホイールを装着

エクステリアは、21インチ・ホイールや前輪後方のエア・アウトレット、サイドとリアのロゴをプラチナ塗装で統一。オプションで、同色の20インチ・ホイールも選択できる。これに、スモークレンズのテールライト、プライバシーガラスとグロスブラックのサイドウインドウ・トリム、ブラックのテールパイプを組み合わせている。

インテリアは、GTスポーツ・ステアリング・ホイール、14ウェイ電動コンフォート・シート、ヒーター付きリア・シートを備え、ブラックのブラッシュアルミニウム・トリムを装着。オーディオはボーズ製サラウンド・サウンドシステムとなり、ダッシュボードにはアナログ時計が据え付けられる。



人気のオプションが標準装備

そのほかに標準化された人気装備は、ポルシェ・ダイナミック・ライト・システム(PDLS)プラス」を組み込んだLEDマトリックスヘッドライト、パノラミックルーフといった装着率の高いオプションとなる。また、ハイブリッド・モデルには7.2kWオンボードACチャージャーが搭載される。

ベース車は「パナメーラ」と「パナメーラ4」、「パナメーラ4E-ハイブリッド」の3モデルで、いずれもデュアルクラッチ式自動MTの8段PDKで右ハンドル仕様となる。ボディ・カラーはブラックを含む、各色から選べる。価格は1425〜1692万円。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録