2022.01.11

CARS

フィアット500をMTで乗れるチャンス到来 5段MTを設定する特別仕様車登場

フィアット500に限定車の「スポーツ」が設定された。内外装の専用アイテムによりスポーティな雰囲気を演出したモデル。販売台数はシングルクラッチ式5段自動MTのデュアロジック仕様が150台、5段MT仕様が35台の計185台だ。

オリジナルの青いボディがオシャレ

エクステリアは地中海をイメージしたイタリアブルーの専用ボディ・カラーに、エアインテークを追加したフロント・バンパー、サイド・スカートやエアロタイプのリア・バンパー、ルーフ・スポイラーを装備。フロント・フェンダーに専用エンブレムを装着し、ドア・ミラーはダークグレー仕上げ、ホイールはY字パターンの16インチを採用する。

インテリアはブラック基調で、ダッシュボードパネルは赤い車名ロゴが入るグレー仕上げ。ステアリング・ホイールはレザー巻きのスポーツタイプ、シートはテクノレザーとファブリックを組み合わせた専用品で、MT車には専用シフト・ノブが与えられている。



ツインエアをMTで楽しむ

エンジンは85ps/145Nmを発生する875cc2気筒ターボの「ツインエア」で、トランスミッションはデュアロジック、MTともに5段となる。主要装備は500の最上級グレード「ツインエア・ドルチェヴィータ」に準じた内容で、バイキセノン式ヘッドライトや液晶のTFTメーター、フルオート・エアコン、固定式ガラス・ルーフ、リア・パーキングセンサーなどを標準装備する。

発売は2022年1月15日。価格は274万円となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録