2022.07.12

CARS

100万円で買ったお気に入りのちょっと古いボルボ! 古着のようにセンス良く楽しみたい!!

4年前に手に入れたという、1987年式のボルボ240GLエステート。

全ての画像を見る
4年前に手に入れた1987年式のボルボ240GLエステートに大好きなオフロード仕様カスタムの自転車を積載して、ゆったりとドライブする。アパレルブランドに勤務する根っからのヴィンテージ好きなオーナー、内田良和さんにその魅力を訊いた。

根っからの古いモノ好き

ここ数年、若い世代の間で古着がブームだ。かつての古着ブームは1990年代半ばから後半の頃のもの。デニムパンツやスニーカーをはじめ、ヴィンテージのアイテムにスポットが当たったのはそのころからだ。とくに現代の若者(Z世代)にとって、自分たちが生まれたころに流行した古着が、いま新鮮で新しく感じられるのだろう。古着をコーディネートに取り入れることは個性が出せるだけでなく、サスティナブルな行為でもある。実際、原宿や渋谷のブランドショップがコロナ禍で閉店を余儀なくされるなか、その跡地に古着店が続々と誕生している。

4年前に手に入れたという、1987年式のボルボ240GLエステート。

このボルボ240GLエステートのオーナーである内田さんも、根っからのヴィンテージ好き。古着やアメリカン・カルチャー好きが嵩じて、アパレルの世界に入ったのだそうだ。

「小学校高学年からアメカジが好きでした。雑誌『POPEYE』を毎号買ってもらっていて、スケボーや自転車など、そこで見るモノすべてが、カッコよかった。アメリカン・カルチャーにどっぷりでした。中学生くらいになると渋谷や原宿で買い物をするようになって、高校生の時には横須賀で軍艦を掃除するアルバイトなんかもしていました。当時はDCブランドが大ブームでしたから、アメカジ好きはマイノリティー。学年に数人レベルでした(笑)」

そんな価値観をもった内田さんがはじめてクルマを手に入れたのは21歳のときだった。

「フォルクスワーゲン・ビートル・タイプ1でした。そしてGMCタイフーン(92年式)、北米仕様のランドローバー・ディフェンダー(97年式)、フォルクスワーゲン・ゴルフV GTI(08年式)に乗って、いまのボルボ240GLエステートです」

すこし間隔があいた時期もあったが、基本的にメーカーの個性が立っている味わいのあるクルマが好きなのだという。

「この240GLエステートは1987年式。4年前に15万kmで購入したものです。外装のカラーは、オリジナルのカラーコードでいうと403、シルバーグリーンです。ヴィンテージのSUVなんかも気になっていたのですが、なにより一度“ステーションワゴン”に乗ってみたかった。この240GLエステートは、全長こそ4785mmですが、幅1715mm。自宅の立体駐車場がせまいので、それに合わせるというのもありましたが……」

外装同様、クラシックな雰囲気の内装。ラック&ピニオン式のステアリング・ホイールで操作性を向上させて安全性を高めるという、ボルボらしい基礎設計だ。1992年からエアバッグ付きとなり、それを境に前期型と後期型に分けられる。

240シリーズといえば、安全性を第一に掲げる、ボルボを代表するモデルのひとつ。1974年に登場し、その後1984年に後継の740が登場するものの、240の販売は継続され、1993年の生産終了まで約20年間生産されたロングセラーだ。内田さんの乗るエステートは1982年にラインアップに追加された。1990年代は、ボルボ850や940、240といったエステートは、サーフボードをそのまま積める利便性で国内外のサーファーが多く愛用した。その人気はこの頃から高まり、240の総生産台数の三分の一以上がエステートであったようだ。アメリカのサーフ・カルチャーの匂いがプンプンするから、この240GLエステートが内田さんの琴線に触れたのもよくわかる。

「この時代のボルボは、何よりもクラシックなデザインがいい。故障しない保証はまったくないけれど、味わいがある。約100万円でしたから、ちょっと古い車の価格が上がっている今からすると、だいぶ手ごろな価格だったと思います。購入後に、ブレーキマスターバッグが壊れたのをはじめ、エンジンがかからない、エンジンがとまるなど、いろいろトラブルはありましたが、いまお世話になっている埼玉(所沢)の自動車整備工場ではトラブル知らずです」

というように、すこぶる調子は良さそうだ。間近で見ると、ボンネットやルーフなど外装がすこしヤレているものの、写真のように総じてキレイだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED