2022.09.06

CARS

電動ターボチャージャーが凄い! メルセデス・ベンツCクラス・ベースのAMG、408馬力、500NmのC43に国際試乗会で乗った!!

メルセデスAMG C43 4MATIC

全ての画像を見る
3リッターV6から2リッター直4へとダウンサイジングしたAMGの新しい“43”ユニットを載せるCクラスにフランスで島下泰久が試乗した。

新型は直列4気筒2リッターへダウンサイジング!?

フランス東部コルマールで開催された国際試乗会でステアリングを握った新型メルセデスAMG C43・4MATICで、一番注目していたのがエンジンだ。最初の“43”シリーズとして、メルセデスAMGの販売台数を大幅に飛躍させるのに貢献した先代がV型6気筒3リッターツインターボを積んでいたのに対して、新型は直列4気筒2リッターへダウンサイジング。それだけ聞くと正直、複雑な思いに駆られてしまうが、実はこの新型エンジンは、排ガスだけでなく減速時に回生される電気で駆動される、市販車初の電動・排気ターボチャージャーを組み合わせた最新鋭ユニットなのだ。

クロームめっきの縦型のスリットの付いたフロント・グリルや赤いスティッチ入りのシートや赤いシートベルトなどの装備はC43の専用。

御存知の通り、通常のターボチャージャーは排ガスの圧力でタービンを回すが、エンジン回転数が低い領域では十分な圧力を得ることができず、いわゆるターボラグを生み出してしまう。この電動・排気ターボチャージャーは、こうした場面で電気の力でタービンを回すことで過給圧を高め、全域で高レスポンスを実現するというのである。

エンジン型式はM139L。これはメルセデスAMG A45・4MATICなどが積むM139の縦置き版で、つまりC43にも遂に“ワンマン、ワンエンジン”のユニットが搭載されたことになる。

スペックは最高出力408馬力、最大トルク500Nmで、ここにさらにRSGと呼ばれるベルト式スターター・ジェネレーターの14馬力が加勢する。開発陣いわく、重視したのはレスポンス。さて、その走りはどうか。



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED