2022.11.11

LIFESTYLE

沢田研二が漂わせる男の色気にも注目! 映画『土を喰らう十二ヵ月』

沢田研二と松たか子が恋人役に

全ての画像を見る
数々のベストセラーを手掛けた、水上勉の名エッセーを基につくられた映画『土を喰らう十二ヵ月』。人里離れた信州の山荘でひとり暮す主人公ツトムを演じるのは沢田研二である。

土井善晴が料理を担当

『飢餓海峡』などのベストセラー小説で知られる水上勉。『土を喰らう十二ヵ月』は、少年時代に京都の禅寺で精進料理を学んだことのある水上によるエッセーを、沢田研二の主演で映画化した作品だ。

人里離れた信州の山荘で、13年前に亡くなった妻の遺骨と暮らす作家のツトム。少年時代に禅寺で精進料理を学んだ彼は、畑で育てた野菜や山で収穫する山菜などで日々の料理を作っている。そんな彼のもとを時折、訪れるのは、編集者で年の離れた恋人の真知子(松たか子)である。



皮を少し残して囲炉裏で炙った小芋、木の芽をたっぷりと盛ったタケノコ、胡麻をすり潰して葛で固めた胡麻豆腐と、料理研究家の土井善晴が担当した料理は、どれも自然で繊細。1年半をかけて捉えた信州の美しさも特筆ものだ。

すべての無駄をそぎ落とした精進料理のような作品だが、四季の移ろいを感じながら、自然の恵みを生活に取り込んで生きる主人公に共感を覚える人は多いはずだ。また沢田研二が松たか子の恋人役を演じても自然なのは、いまだ失われない沢田の男の色気ゆえだろう。けっして派手さはないが、静かな、魅力的な味わいのある作品である。



『土を喰らう十二ヵ月』
原作は『飢餓海峡』などで知られる水上勉のエッセー『土を喰う日々-わが精進十二ヵ月-』(新潮文庫刊)。たまたまこの本を読んだ『ナビィの恋』の中江裕司監督が、感銘を受けて、一気に脚本を書き上げた。本作の料理を手掛けた土井善晴が、食材や器選びから扱い方、役者への料理指導にいたるまで、全面的に作品にかかわっている。主人公のツトムを演じる沢田研二のほか、脇を固めるのも奈良岡朋子や火野正平といったベテラン俳優たち。松たか子が扮するツトムの恋人は原作エッセーには登場しないオリジナル・キャラクターである。111分。配給:日活

11月11日(金)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開

(C)2022 20th Century Studios. All rights reserved. (C)2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会

文=永野正雄(ENGINE編集部)

(ENGINE2022年12月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED