2022.11.24

CARS

ホンダ注目のSUV、ZR-Vを差別化する純正オプションが販売開始

ホンダの純正オプションを手掛ける「ホンダアクセス」からZR-Vの純正アクセサリーが発表された。

エアロ・パーツも用意

エクステリア用としてはボディ下部のエアロ・パーツなどを設定。フロント・ロアースカート(5.94万円)はベルリナブラックのガーニッシュ付きで、サイド・ロアーガーニッシュ(4.4万円)やリア・ロアーガーニッシュ(4.95万円)ともどもダスクグレー・メタリックで塗装される。19インチのアルミホイール(5.83万円/1本)はガンパウダーグラック塗装仕上げだ。



ダークなトーンで統一

テールゲート・スポイラー(4.18万円)とリア・ライセンスガーニッシュ(1.98万円)はベルリナブラック、ドアミラー・カバー(9900円)はクリスタルブラックで、ブラックエンブレム(1万1550円)と合わせてダークなトーンで統一できる。LEDフォグライトは発光色がクリア(6.05万円)とイエロー(6.27万円)から選択可能だ。

インテリア用では照明関連が充実している。センターコンソール・ボックス&ドリンク・ホルダー(2.42万円)、ドア・ポケット(1.65万円)、リアパネル・ライニングカバーのイルミネーション(2.75万円)や前席フット・ライト(1.65万円)、乗降時に路面を照らすパドル・ライト(2.75万円)、LEDテールゲート・ライト(1.1万円)が揃う。



ナビ、オーディオも充実

スポーツ・ペダル(1.1万円)と前席部にLEDイルミネーションが付くサイドステップ・ガーニッシュ(3.74万円)はステンレス製。15W急速充電に対応する携帯電話のワイヤレス充電器(3.08万円)やUSB・PDチャージャー(1.21万円)、ラゲッジのトレー(2.2万円)やソフトトレー(1.98万円)といった機能パーツも用意される。

ナビは11.4インチ(31.02万円)と9インチ(25.52万円)を設定。JVCケンウッド製の8スピーカーをセットにしたハイグレード・スピーカーシステム(6.38万円)やドライブレコーダー(4.51〜6.71万円)、フロントカメラ・システム(3.3万円)、リア・カメラを用いた運転支援システムの拡張ユニット(2.64万円)もラインナップしている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED