2021.01.02

CARS

ニッポンにフェラーリを広めた男、松田芳穂さんのフェラーリ・コレクション

フェラーリ・モンツァSP1を筆頭に、とびきりのフェラーリが並ぶ松田氏のガレージ。

全ての画像を見る

これまで名だたる名車を500台近く所有し、ドライブしてきた松田芳穂さんが今、最も愛しているスーパースポーツカーは最新の12気筒フェラーリだった。


旬の物を旬な時に味わう贅沢

スポーツカーと料理は似ている。どんなに素晴らしい食材でも、眺めているだけでは始まらない。最高の状態で食してこそ、その真髄を味わえる。だからこそ“旬の物を旬な時に味わう”のは、とても大切なことであり、贅沢なことなのだ。

スーパースポーツカーのスペシャリストと聞いて、真っ先に思い浮かんだのは、世界屈指のコレクターとして知られる松田芳穂さんだった。

松田さんのコレクションの中で一番新しいフェラーリ・モンツァSP1。


ガレージにお邪魔すると、9月29日に御殿場で開かれたフェラーリ・ブランチでお披露目された、今最も新しいコレクションであるフェラーリ・モンツァSP1を筆頭に、飛び切りの4台が納められていた。

「これまでクラシックが好きで250GT TdFや250TRなどを所有してきました。確かにこういうクルマはサーキットを走ったりしても面白いんだけど、危ないわけです。それで全部手放して新しいクルマに乗ろうと決めました。現代のクルマは安全で速い。それにブレーキもいいし、よく曲がる。僕もここ10年でわかりましたよ」

松田さんが、初めて心からこれぞスポーツカーだと思ったクルマは29歳の時に手に入れたメルセデス・ベンツ300SLガルウイングだった。そこからクラシック・カーのコレクションが始まり、79年にそれらを展示した“軽井沢古典車館”をオープンする。



その後550スパイダーを手に入れたのをきっかけにポルシェに魅了された松田さんは、ロサンゼルスに住んでいる時に、ポルシェ・ディーラーを営み、自身のレーシング・チームも主宰していたバセック・ポラックと親交をもつようになる。そして彼から908や917Kをはじめとする20台あまりの珠玉のレンシュポルトを譲り受けたことが、ポルシェ博物館の開館へと繋がるのだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP